マイベストプロ神奈川

コラム

アラフィフ姉妹でお出かけ(スタッフ)

2022年11月15日

テーマ:スタッフ

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

先日、私の妹がウチに泊まりに来ました。
次の日に友人の挙式(二回目の)に参加するため前泊させてほしいと。

ここ数年コロナ禍で親戚同士の集まりも控えていたので
久々に姉妹水入らずで休日を楽しむことにしました。

昼間はみなとみらいでショッピング&ランチ。
夜は日帰り温泉施設で温泉&岩盤浴を満喫できる計画をたてました。

子どもが小さい時は、子どもに合わせて
お出かけプランを考えたりしましたが、
子どもがだいぶ大きくなり、一緒に行動しなくなった今は
自分が楽しむことを優先できるようになったので
自分の食べたいものを食べたり、自分の好きな所に行けるなど
開放感を味わえるのが楽しみになっています。

妹とのショッピングはあっちこっちのお店を見てまわり、
その日一番気に入った物を購入するというスタイル。
お互い気の向くままに行動できるので
とてもラクチンで私にとってはノンストレスなのです。
やっぱり気持ちに余裕のあるもの同士で行くと楽しいな~と実感しました。

ウチの主人や子ども達とショッピングに行った場合、
私の買い物にはまるで興味がないので
付き合わされている感を顔や態度に出してくるなど、
まず待つことが苦痛のようなのです。

主人から「まだ?」とか「先に駐車場の車の中で待ってる」とか
自分の用事が済んだら後は早く帰って休みたいと言わんばかりに
言われてしまうと、余計気になって全く楽しめません。

こう思っているのは私だけではないようで、
妹とのおしゃべりの中でも
「やっぱり旦那との買い物より女同士で
おしゃべりしながらが楽しくていいよ~」
と、普段別の所帯で生活している妹も
同じように感じていて少し安心しました。

付き合っていた頃とか新婚の頃は
いつも一緒がいいとか言って1日中
手をつないでショッピングしてたっていうのにね(笑)
あの頃は何処へ??(笑)

20年も一緒に過ごすと、こうも変わるものかと。

明日の友人の挙式を見て初心にかえってくるわ~などと笑い、
妹とのおしゃべりは止まらず夜中1時まで続きました。


こうやって気軽に不安なことや
ポロッと愚痴や不満をこぼせる存在がいることのありがたさ。

同じ屋根の下で暮らしていた時には
ケンカやぶつかり合い、わかり合えないことが多かったけれど、
あの頃は予想できなかった現在の姉妹関係。

お互い結婚、子育て、家庭を持ったアラフィフ同士になり
友情を超えた姉妹愛のようなものを
ほどよい距離感な今、感じたとった気がしました。



文:スタッフroko
代表:椎名 あつ子

************
 横浜心理ケアセンター
 https://shinri-care.com/
************

この記事を書いたプロ

椎名あつ子

夫婦・親子・精神疾患など多数経験豊富なカウンセラー

椎名あつ子(横浜心理ケアセンター)

Share

関連するコラム

椎名あつ子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
045-226-9733

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

椎名あつ子

横浜心理ケアセンター

担当椎名あつ子(しいなあつこ)

地図・アクセス

椎名あつ子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

椎名あつ子プロのコンテンツ