マイベストプロ神奈川

[法務・人事・労務]の専門家・プロ …2

神奈川県の法務・人事・労務の専門家・プロ

神奈川県に事務所を構える「法務・人事・労務」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

現在の検索条件

神奈川県×法務・人事・労務

フリーワードで絞込み

1~2人を表示 / 全2

この分野の専門家が書いたコラム

給料ファクタリングとは?

給料ファクタリングとは?

2020-02-14

弁護士の田沢です。 給料ファクタリングなるものが横行し始めているようです。ヤミ金の一種のようですので,ご注意あれ! https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-0000...

安倍独裁国家

安倍独裁国家

2020-02-14

弁護士の田沢です。 もう,何でもありですね,このお方。 https://mainichi.jp/articles/20200213/k00/00m/010/228000c?fbclid=IwAR39kHWuzrO...

農水省元事務次官の事件

農水省元事務次官の事件

2020-01-07

弁護士の田沢です。 本年もよろしくお願いします。 さて,農水省元事務次官の長男殺害事件に対しては,同情的なコメントが多く寄せられていました。 我々には,殺害に至るまでの長年に亘る苦悩を想像することさえもできません...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

留置場からの脱走、どういう罪になる?逃げられた側の責任は?

留置場からの脱走、どういう罪になる?逃げられた側の責任は?

2018-08-16

刑法で規定されている「逃走の罪」は、いずれも故意に逃走したり、あるいは故意に逃走の手助けをした場合を罪として規定しています。なので、留置管理担当職員らの過失によって逃走事件(脱走)を招いてしまった場合、当該職員らの刑事責任を問うことは困難です。

市職員不正採用事件、「採用取り消し」処分は認められるの?過去の裁判例から考察

市職員不正採用事件、「採用取り消し」処分は認められるの?過去の裁判例から考察

2018-07-18

市職員の不正採用事件は、公務員人事の公正さといった公益と、採用を取り消された職員個人の被る不利益のいずれを重視するのかといった観点から判断されるべき問題です。先の大分県教員採用汚職事件の最高裁判決が、具体的な判断基準を示さずに異なる判断を確定させてしまった責任は、非常に重いものがあると考えます。

正社員と契約社員の待遇差「不合理」判決、判断のポイントは

正社員と契約社員の待遇差「不合理」判決、判断のポイントは

2018-06-09

先日の正社員と契約社員の待遇差に関する最高裁判決は、契約社員が正社員と比較して雇止めの不安があることにより合理的な労働条件の決定が行われにくいことや、処遇に対する不満が多く指摘されていることを十分に踏まえた判断になっているのではないかと思われます。

エリアを絞り込む

  • 神奈川県
  • 横浜
  • 川崎

  • 相模原

  • 横須賀・三浦

  • 湘南・県西

  • 県央

  • 神奈川その他