マイベストプロ神奈川
大河内恒

悩みを共有しながら患者さんに気づきを促す精神科医

大河内恒(おおこうちひさし)

大河内メンタルクリニック

お電話での
お問い合わせ
0467-47-1235

コラム

精神医療の問題 ずいそう 

2019年3月12日

テーマ:   光と影 3

いささか脱線することになるが、精神医療の現場においても、患者さんの姿勢としては医者に教えてもらおうとするのは正しくない。
医者―患者関係において求められているのは、両者の協働において患者は患者自身の、医者は医者自身の自分の内奥の声に耳を傾けることをである。
そして、その上で改めて医者―患者関係の協働があるべきである。
そうした「活きた治療関係」の上に意味のある産物が得られるだろう。
ここでいう「協働」というのは、医者―患者双方の「治療的意志」といったものが働いていることを前提に、自我―無意識―それぞれの他者の、活きているトライアングルの形成というほどの意味である。
もっとも患者さんは、こころのエネルギーがさまざまな程度に低下しているので、「意志」といっても曖昧になりがちである。
そうした生命的エネルギーが、それなりに満ちてこなければ、治療上の成果は上がらない。
従って、医者のリードの下で、医者―患者のあいだでの信頼関係の醸成が図られる必要がある。
その医者―患者関係の力動が活きたものになっていけば、先ほど述べた「治療的なトライアングル」が活性化して治療上の成果は上がっていくだろう。
ときに患者さんが、何故だか分からないがだいぶ元気になった、といったふうのことを口にする。
それは上に述べたように「理屈」では説明できない治療的力学が働いているから、である。’19.3.13.

この記事を書いたプロ

大河内恒

悩みを共有しながら患者さんに気づきを促す精神科医

大河内恒(大河内メンタルクリニック)

Share

大河内恒プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0467-47-1235

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大河内恒

大河内メンタルクリニック

担当大河内恒(おおこうちひさし)

地図・アクセス

大河内恒プロのコンテンツ