まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
大野克夫

土地や建物などの不動産に関する悩みを相談できる不動産鑑定士

大野克夫(おおのかつお)

有限会社大野不動産鑑定事務所

お電話での
お問い合わせ
045-840-5225

コラム

土地を売る時に気をつけたい 境界トラブル

不動産

2018年7月5日 / 2018年9月26日更新

土地を売る時、「地積測量図」が重要視されてきています。

この「地積測量図」とは、土地の面積を実際に測量した図です。

土地を買う人は、本当にその面積があるか確認して買いたいですよね。

すでに「地積測量図」がある土地以外は、
土地家屋調査士という専門家に約30~50万円の費用をかけて新しくつくってもらう必要があります。

「地積測量図」をつくると、その費用にもビックリしますが、
境界トラブルが起こるかもしれないので、気をつけなければなりません。

実際にあった境界トラブル


当事務所に相談された実際のトラブル事例を紹介します。

Aさんは土地を売ろうとして、
「地積測量図」を作成してもらうことにしました。


土地には「境界標」という境界の点や線の位置を表すための標識が埋まっています。

この「境界標」を目印に土地の測量を行うのですが、
「境界標」が無い場所もあります。
例えば、塀を作るために「境界標」を抜いてしまっている場合です。

この場合、新たに「境界標」を埋める必要があります。


Aさんの土地と隣のBさんの土地との間に「境界標」が無い場所があり、
昔の資料や測量した結果をもとに新しく「境界標」を埋めました。

その後、Bさんに「境界標」を埋めたことを報告しました。

報告を受けたBさんは、新しい「境界標」を確認すると、
「この境界はおかしい。自分の土地が50cm分少なくなっている!」と主張してきたのです。

トラブルにならないためには


Bさんとトラブルにならないためには、どうすればよかったのでしょうか?

通常、「境界標」を新しく埋めるときは、専門家と境界に関わる人が全員で立ち会う必要があります。「全員が納得して境界を決める」という手順が重要なのです。

「土地の境界」は財産に直結する問題なので、非常にデリケートです。

不信感を持たれてしまうと、話が進まなくなってしまいます。

先ほどのケースも、測量の方法は問題無かったものの、Bさんへの対応を間違えたために起こってしまった問題です。


Aさんは、

「土地を売るので自分の土地を測量します。境界について、相談するかもしれませんが、その時はよろしくお願いします」

とBさんに事前に伝えておくだけでも、トラブルは防げたかもしれません。


お隣さんへの配慮が大切


トラブルが起こってしまうと、時間とお金が余計にかかってしまいます。

お隣さんとどんなに仲が良くても、境界に関しては誠実な対応が必要であり、
新しく「境界標」を埋めるときはお隣さんと必ず一緒に立ち会ってください。

ホームページ


無料相談も行っています
大野不動産鑑定事務所

不動産の知識・情報をお伝えしています
OHNOブログ

この記事を書いたプロ

大野克夫

大野克夫(おおのかつお)

大野克夫プロのその他のコンテンツ

Share

大野克夫プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
045-840-5225

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大野克夫

有限会社大野不動産鑑定事務所

担当大野克夫(おおのかつお)

地図・アクセス

大野克夫プロのその他のコンテンツ