まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
関欣司

エクステリアと庭の設計者

関欣司(せききんじ)

有限会社オッフル

関欣司プロのご紹介

エクステリアとグリーンの融合で、日本の住宅に新しい庭を(2/3)

パーゴラを兼ねた目隠しなら植栽も映え、隣家にも嫌味にならない。

湘南地区では、植物に潮風の塩害対策が必須

 関さんが施工を手がけるエリアは、神奈川県茅ケ崎市、藤沢市、鎌倉市、逗子市を中心とした湘南地区。このエリアで、植物を扱う際に、もっとも気をつけなければいけないのは、「潮風による塩害」だと言います。
 「植物に潮風があたると、塩分が葉の水分を吸い取り、茶色に変色したかと思うと、あっという間に葉を落としてしまうんです。湘南地区に長くお住まいの方は、塩害をご存知なので、強風が吹いたときは、真水をかけて、潮を落としていらっしゃいますが、残念ながら、間に合わないこともあるんですよ」
 そのため、木や草花を植えるときに、関さんは、「まず潮風に強い品種であること」を重要視しているそうです。
 「耐潮性の強い植物としては、黒松、オリーブ、ソテツ、ヤシ類、サンゴジュなどがよく知られています。花木なら、オオシマザクラ、タイサンボク、サルスベリなど。一年草や多年草、球根類なら、カンナ、ローズマリー、サルビアなども元気に育ちます。特に、湘南エリアでは、南西方向からの潮風が通る場所では、塩害対策に特別な注意が必要。おすすめなのは、オリーブ、ナンキンハゼ、ウエストリンギア、グレビレアなどです」
 「南西方向からの風」というのは、関さんが、地道に観察を重ねて得た結果。地元の専門家だからこその情報力です。「海を身近に感じていない業者さんでは、ちょっと思いつかないかもしれませんね」と、胸を張ります。

関欣司プロのその他のコンテンツ

Share

関欣司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
046-782-8255

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

関欣司

有限会社オッフル

担当関欣司(せききんじ)

地図・アクセス

関欣司プロのその他のコンテンツ