マイベストプロ神奈川
嶌久美子

産前・産後ケアをお手伝いするコーディネーター

嶌久美子(しまくみこ)

ケアサービスあかね株式会社

お電話での
お問い合わせ
0466-54-3270

コラム

パートナーにも知ってほしい!妊娠中の母体の変化

2020年2月13日 公開 / 2020年3月19日更新

テーマ:妊娠

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

妊娠って大変。パートナーの助けが必要です。


「妊娠初期」0ヶ月(0週)~3ヶ月(15週)

つわりの症状が現れるはじめるのは4週以降です。
眠気やだるさも出る人がいます。
妊娠は病気じゃないといわれますが、辛いものはつらいんです。
なかなかわかってもらえないものです。
特に、パートナーの優しさがほしい時期ですね。お仕事で疲れていらっしゃることとは思いますが、母子ともに大切な時期ですので、暖かく落ち着いてサポートしてあげてください。

つわりは吐き気が主ですが、匂いが気になったり好みがかわったり口の中で生唾がでたり、とっても気持ちが悪いものです。
私も、こうやって書いていると、思い出したりします。

普段なんともないにおいなのに気になることもあります。起きてすぐムカムカしたり吐いたりして、不安になります。
つらくて食べられない時も、食べなくては・・・と考えすぎずに飲み物が大丈夫なら野菜スープなどを試してみてください。
吐いてしまう場合は、脱水症状にならないように水分だけは少しずつでもまめにとりましょう。
眠くなる人は、横になれるときは眠りたいだけ眠りましょう。
安静に過ごしてと、お腹の赤ちゃんが教えてくれているのかもしれません。

つわりの症状は人により様々ですので、わかってもらえるだけでも安心します。
また、重いものや下腹部に力のかかることは避けるように、だんな様がしてあげましょう。

こんなつわりのときにつらいものですが、
早寝早起きの規則正しい生活が赤ちゃんにも良く、つわりも軽くなるとききます。
一緒の時間は、楽しい気持ちの時間を作ってあげてください。不安になったりする時期でもあります。理解して

4ヶ月、12週~になればつわりが落ち着く人が多いですので一緒に乗り切ってあげてほしいです。


「妊娠中期」5ヶ月16週~7ヶ月27週
胎盤が完成され流産の心配が少なくなります。つわりが軽くなる人が多いですが、食べ過ぎに注意しましょう。
今まで食べられなかったぶん嬉しくなってついつい食べ過ぎてしまいます。1日3食のバランスの取れた食事に心がけましょう。
家族でバランスの取れた食事を見直すいいきっかけになればいいですね。
体重管理もきちんと始めましょう。

だんだんおなかが大きくなるにつれ、体にもさまざまな症状があらわれてきます。
生理的なものが多いのでな心配はいりませんが、いつもよりちょっと気になることがあれば医師に相談しましょう。
かつては「高血圧」「妊娠中毒症
妊娠中は過労や精神的な原因、たとえば妊娠の経過やお産に対する心配などから頭痛が起こることもあります。一人で解決しようと思わず、かかりつけの医師やパートナーに相談しましょう。
また、視力の左右差や長時間のスマホやテレビによる目の疲れ、肩の凝りなどからくることもあります。









母子ともに、経過に特に問題がなければ出産に向けたからだつくりを始めましょう。
水泳やヨガを始めたい場合は、医師に確認してから始めましょう。
パートーナーと一緒にウォーキングなど始めて、二人で楽しい気持ちの時間を過ごせるようにしてください。


「妊娠後期」28週から39週

この記事を書いたプロ

嶌久美子

産前・産後ケアをお手伝いするコーディネーター

嶌久美子(ケアサービスあかね株式会社)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

嶌久美子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0466-54-3270

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

嶌久美子

ケアサービスあかね株式会社

担当嶌久美子(しまくみこ)

地図・アクセス

嶌久美子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2019-10-11
facebook
Facebook

嶌久美子プロのコンテンツ