まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
杉山善昭

住宅ローン返済困難者を救う不動産コンサルタント

杉山善昭(すぎやまよしあき)

有限会社ライフステージ

コラム

本人が認知症になった場合、任意売却することができるか?

任意売却

2013年4月24日

住宅ローンが滞り任意売却をしたいが
持ち主であるご主人が認知症になってしまった。

銀行は「任意売却するなら、本人から一度連絡をさせてください」と
言うばかりで、家族から連絡しても拉致があかない。

このような場合、競売を待つしかないのでしょうか?

結論から書きますが、不動産の所有者が認知症になった場合でも
不動産を売却することはできます。

但し、単純に家族が本人の代わりに手続きできるわけではありません。
日本では、意思能力が欠けた本人の代わりに
法律行為を行うことができる制度があります。

認知症になったからと言って、任意売却を諦める必要はないのです。

多くの任意売却業者は、認知症になった方が所有する不動産の任意売却業務を
行いませんが、当事務所ではこのような状態でお困りのご家族の為に
「認知症になった場合の任意売却業務」をおこなっております。

詳しくは「認知症になった場合の任意売却業務」をご覧下さい。

任意売却の無料相談してみる

この記事を書いたプロ

杉山善昭

杉山善昭(すぎやまよしあき)

杉山善昭プロのその他のコンテンツ

Share

杉山善昭プロのその他のコンテンツ