まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
加藤圭

お客様に愛され続けるエステ&美容サロンへ導くコンサルタント

加藤圭(かとうけい)

キズカスカンパニー

コラム

【会社を存続させるために】生き残るためにすぐに取り組むべきこととは?

いつもご覧いただきありがとうございます。

10年先も生き残るための会社作りをサポートする
気づきを築く 経営コンサルティング会社「キズカスカンパニー」
代表の加藤です。

先日、秋田県の人口が100万人を切り、
2035年には、40万人台になるとの報道がありました。

人口が急速に減少していく中、
会社を存続させるために必要なことは
【後継者問題】



当たり前のことですが、中小企業は
上場企業と異なり【すぐに経営者の替えが利かない】
という点です。

現在、経営者である皆さんは、
ご自身の後継者を育てるための機関として
【何年くらい必要】と考えれていますか?

中小企業の場合。

私がこれまでアドバイスしてきた
経営者の皆様には・・・
【10年】
とお伝えしてきました。

10年もかかるの?

この10年とは、自社以外で
【修行をしていただくこと】も含みます。

特に親子関係ですと、
踏み込めない【言葉の壁】が
必ずあります。

言い換えれば、社長と部下ではなく
【親子】であるがゆえの弊害です。

20~40歳前後の年齢の差があれば、
当然【考え方】も大きく異なります。

この【言葉のすり合わせ】と
【相互理解】には膨大な時間が
かかります。

もし今、後継者を作るために
【1~2年あれば十分】とお考えで
いらっしゃいましたら、今からかなりのスピードと
労力をかけて【すり合わせ】を行ってください。

私がお伝えした10年とは・・・
【これまで10年一緒に仕事をしてきたからOK】
という意味ではありません。

10年かけて【経営者としてのイズムの踏襲】を
していただきたいという意味ですので
お間違いないように。

今日はここまで!
********************************************
会社経営・店舗経営・人材育成のご相談なら
キズカスカンパニーへ
ホームページ:http://kizukasu.com/

この記事を書いたプロ

加藤圭

加藤圭(かとうけい)

加藤圭プロのその他のコンテンツ

Share

加藤圭プロのその他のコンテンツ