マイベストプロ神奈川
丸岡満美

人生とビジネスを「ケンチク脳」でサポートする建築士&コーチ

丸岡満美(まるおかまみ) / 一級建築士

一般社団法人 ケンチク脳協会/一級建築士事務所 MoNo

コラム

|「半沢直樹」TBSから考察する 組織の「個の力」の活かし方|

2020年9月12日 公開 / 2020年9月17日更新

テーマ:自分らしさブランディング

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 組織マネジメント人事制度 設計企業ブランディング


今。ずば抜けた高視聴率を叩き出している
TBSの日曜劇場「半沢直樹」をご覧になっていますか?
7年前の前作も「倍返し」を社会現象化させるなど
大ヒットとなりましたが 今回も大評判です。
その要因は いくつもあげられるでしょう。 
まずは 人気作家の池井戸潤氏の原作。
そして豪華な俳優陣と 誇張された演技。
敵と味方が明解な登場人物描写なども
『経済界が舞台の時代劇』と
評される点も人気の理由のようです。

そして この高視聴率を支える 職人技として
演出の手腕が評価されています。
その演出家とは福澤克雄氏という方です。

私は 映画やテレビに詳しいある方から こんな話を聞きました。
「今のTBSテレビの視聴率の圧勝の 立役者は福澤氏だよ」

そうなのです。
Yahooニュースによると 今期の放映のTVドラマの視聴率トップ5は
  1。半沢直樹
  2。私の家政夫ナギサさん
  3。ハケンの品格
  4。MIU404
  5。アンサングシンデレラ
この中で 第3位の日本テレビ以外の4本が 全てTBSの作品なのです。
  
 
福澤氏は TBSテレビ社員で制作局ドラマ制作部所属。
その功績が認められ 今は役員待遇にいらっしゃるそうです。
つまり「半沢直樹」のように 
彼が直接にドラマ制作の現場に関わらないとしても
TBSのすべてのドラマは
「福澤イズム」が徹底されているということなのでしょう。
そして その結果が前述のランキングなのです。
  
 
一人の才能や強みが 組織の中で正しく評価され
適切なポジションと役割を与えらることで
組織が勢いを得ている まさに好事例です。
ーーーーーーーー
組織の隆盛は 
いかに「個の力」を正しく活かせるかにある!
ーーーーーーーー
今回はこのテーマでお話ししたいと思います。

●組織のリーダーとして「個の力」を活かす方法●

あなたは組織に 属する側の立場ですか?
それとも 組織を作り管理し率いる側の立場ですか?
「個の力」を最大限に活かす組織づくりは
この双方がそれぞれに心すべきことがあります。
 
まずは 組織のトップ側の心得をお伝えいたしましょう。
リーダーとして あなたの組織を発展させたいのなら
スタッフや部下や メンバーに対して
以下のことを実践されてみてください。

ーーーーーーーーーーー
組織を輝かせるために
リーダーとして
「個の力」を活かす5ステップ
ーーーーーーーーーーー

 1)観測し分析する
 2)ゾーニングする
 3)コミュニーションする
 4)委任する
 5)検証し次を読む
ーーーーーーーーーーー
以下 詳しくお伝えしていきますね。


*1)観測し分析する
チームメンバーの一人ずつを注意深く観てあげて下さい。
長所短所 適性を把握して下さい。
すべてはここから始まります。
ここがズレていては組織は栄えません。
あなたの観察力と分析力が すべての起点です。
 
*2)ゾーニングする
私は一級建築士ですが 建築設計のプロセスで
「ゾーニング=配置する」という段階があります。
部屋の間取りを考えたり 家具設備などを
適した場所に配備することです。
この作業を あなたの組織で行いましょう。
あなたが導き出した メンバー各自の強み適性が
どの部署 どの任務を担当させることで
本人が実力を最大限に発揮できるのか?
そして組織が発展できるのか?を考えて
最適な人事配置を導き出す取り組みです。

組織全体を俯瞰して見てください。
そして 個人ごとのディテールを見て下さい。
ズームインと ズームアウトで 自由自在に
あなたの視線をコントロールしてくださいね。
 
*3)コミュニケーションする
人事配置が決まったなら 本人との面談です。
単に一方的に辞令を手渡すのではなくて
あなたの本意を あらゆる角度から
直接に口頭で伝えて下さいね。
 
そして 本人の意思を確認してください。
もし 目的目標や理念についての共有が
あなたと相手の間で出来ないのであれば
残念ながら もう一度
最初の「観察・分析」からやり直しです。
片思いでは 組織を動かすだけの力になりません。
両思いになる相手を見つけましょう。

*4)委任する
無事に双方の想いが一つになれば 次は
その本人に「個の力」を
大いに発揮していただく段階へと進みます。
ここからのあなたの務めは「任せること」です。
ハラハラすることもあるでしょう。
けれども見守って下さい。
自分が十分におこなった
「観測・分析」を信じることです。

*5)検証し 次を読む
期限を区切って 状況を検証しましょう。
これもリーダーとして重大な務めです。
あなたが見い出し任せた「個の力」によって
期待の結果が得られた場合でも
得られなかった場合でも まずは現状把握です。

引き続き同じ状況で続行するのか?
あるいは修正追加変更が必要なのか?
本人の意思や意見も含めて検討し
次なる第2フェーズのプランを立てましょう。

そして<ステップ3>の本人との
コミュニケーションへと戻ります。
そしてまた 両思いになれば
あなたは任せて「個の力」を見守って下さい。
ーーーーーーーーーーー
以上 ここまでが組織のトップとして
「個の力」を輝かせるための心得です。


そしてもう一方の 組織に所属する側にとっての
「いかに組織内で 自分の力を輝かせるか!」
についてもお伝えいたしましょう。

●組織の中で「自分の強み」を発揮する方法●

あなたが 会社やチームの中で 自身の力を
存分に発揮するためには 以下を心がけてみてください。

ーーーーーーーーーーーーー
組織の中で輝くための
自身の「個の力」を活かす5ステップ
ーーーーーーーーーーーーー

*1)強みを見つける
あなたが得意なこと 他者より秀でていることを
まずはどんどん書き出してみましょう。
保有している資格などもいいですね。
今の組織には関係のなさそうな 
プライベートな分野ででもOKです。

次に 書き出した全リストを
あなたが 夢中になり集中力を発揮できる順に
番付けをして下さい。
少しぐらい辛くとも 長期にわたって 
ワクワクしながら取り組めることです。

それが 社会の中での あなたの強みになります。


*2)場所を見つける
次は 見つけた強みを 組織の中で活かす場を
自分自身で 探してみるという作業です。

この時に留意すべきことは
あなたの一方的な利益のみに終始しないことです。
組織への大きな成果が得られることが必須です。

今の組織の仕組みで 思い当たる部署や
立場ポジションが見当たらなければ
新たな場を 自分で考え出してみましょう。
前例のない正解もあるのです。
あなたが先駆者=第1号になることも想定し
自分の強みを活かす場を創造してみましょう。

*3)コミュニケーションする
自分が組織内で活躍できるイメージを
明確につかめたなら 次は 伝えるステップです。
組織内であなたをマネージメントする立場の人に
適切なタイミングでアイデアを伝えましょう。

誰に どの機会で どのようにプレゼンするか?
の判断は難しいですが
記憶れしていては前に進みません。
また 一度だけのトライで結果が出ずに
意気消沈するのもNGです。
声を上げ続けることが大事です。

*4)報告・連絡・相談
あなたが 希望どおりのポジションを手に入れて
念願のプロジェクトに着手できたら
「ほう・れん・そう」を肝に命じてください。
組織内連携の基本ですね。
しかし実践できていない人の方が多いのです。

あなたは信頼され 任されてはいるけれど
プロジェクトは あなた独りのものではありません。
一人で抱え込まないで下さい。
結果成果を報告し
状態状況を連絡し
行き詰まったら相談してください。
この透明性によって 組織パワー投入が可能となり
プロジェクトは よりあなたの思い通りに進みます。
そして あなたの評価にも直結するのです。

*5)検証し 次へつなぐ
目標が達成できても あるいは未達成な場合でも
ゴールに到達する前の途中段階であっても
折りにふれ 現状を把握し検証しましょう。
そして 自分なりの分析を行って
次のプランを考えましょう。
  
同じ方法を続行させるべきか?
修正追加変更が必要なのか?
第2フェーズの 自分の行動を設定し
組織へ報告し提案し相談しましょう。

あなたの「個の力」が組織をより発展させ
そして自身もより輝かせる未来を設定しましょう。
ーーーーーーーーーーーーー


以上 本日のコラムは
組織をめぐる2方向からの
「個の力」の活かし方についてお伝えしました。
「人を輝かせる方法」と「自身が輝く方法」の
双方向からの正しいアプローチがあれば
間違いなく組織は圧倒的な力を持ちます。


あなたと組織 あなたと他者との
現状の変容のヒントになれば嬉しいです。


以上
論理的思考とアート思考のデュアル回路で
人生&ビジネスをサポートする
ブランディングコーチの
丸岡満美でした!!

===========

●ブランディング&コーチングご案内●

~最新の脳科学による
 ライフデザイン&ビジネスデザイン~ 
パーソナルプログラムのご案内
ーーーーーーーーーーーー
一般社団法人ケンチク脳協会
一級建築士事務所MoNo

この記事を書いたプロ

丸岡満美

人生とビジネスを「ケンチク脳」でサポートする建築士&コーチ

丸岡満美(一般社団法人 ケンチク脳協会/一級建築士事務所 MoNo)

Share

関連するコラム