マイベストプロ神奈川
  1. 【不登校留学】現地保護者・現地エージェントとの関係を円滑にするために
三嶋香代

子供の才能を開花させる留学プロデューサー

三嶋香代(みしまかよ)

留学セレクト

コラム

【不登校留学】現地保護者・現地エージェントとの関係を円滑にするために

2019年1月9日

テーマ:不登校留学

こんにちは♪

留学プロデューサーの三嶋 香代です。

無料メルマガより






本当に重要なのは現地です!



お問い合わせも多いこちらの問題。

現地のガーディアンさんとの関係・・・

ガーディアンさんとは

親代わりとなり

現地保護者のことです。



これ、本当に重要!

ただ、ガーディアンさんも人間だし

複数の生徒さんの対応をしている方も多いため

わが子だけということにはいきません。



さらに詳しく書くと

ガーディアンさんが1人1人あった

ケアやサポートをしているかどうかということです。

性格やコミュニケーション力

英語力は1人1人違うので

それに合ったケアやサポートをしているかということになります。


例を挙げると

その子が今どんなことで悩んでいるのか

聞き出せているのか

そんなことをお問い合わせてみるのもいいんです。


また、親としてもわが子を預けているわけです。

信頼関係を築けるよう陰で支えてあげることは問題ないし

親もガーディアンさんと信頼関係を築けていればいいんです!


子供にも伝わりますから♪



お悩みがあれば、いつでもご連絡くださいね!






反対の立場から見てわかったこと



実はこれ、ホームステイを受け入れていても

実感していること。

国も違えば、性格も違い

国の習慣も違う。

実際、よく片付ける子

片付けが苦手な子

こちらが話しかければ話す子

自分から話す子

それはそれは、違いすぎて楽しい♪



実は、今回のドイツ人留学生ちゃん

我が家に来る前のホームステイ先のお宅から

「日本語を積極的に使わない」

「洗濯物を出さない」

など、ネガティブなことがあり

日本人側から、ホストチェンジのお申し出があったんですね。


そこで、我が家に来ることになりました^^



もちろん、本人は知りません。

でも、こちらからちょっとしたキッカケを作ってあげれば

まあそれはそれは話す話す。


彼女はK-POPが好きとのこと。

そう。人間好きなことは話したい。

ちょっとしたキッカケなんですね。


反対に、日本人が海外へ行った時

「積極的に話しましょう」

と言われることが多いのですが

私も言っていますが

英語ができなければ

「手紙」



「アプリ」

「翻訳機」

などでもいいんです。

と、お伝えしています。


まずは、お子さんが

話ベタや苦手なら

どういう方法で伝えるのが1番楽なのか

そこを考えてみるといいですよ!



それではまた~

不登校・留学カウンセリング、セカンドオピニオンという新発想!


不登校✕留学✕グローバル!


無料メルマガ

ホームページ

この記事を書いたプロ

三嶋香代

子供の才能を開花させる留学プロデューサー

三嶋香代(留学セレクト)

Share
関連するコラム

三嶋香代プロのコンテンツ