まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
三嶋香代

子供の才能を開花させる留学プロデューサー

三嶋香代(みしまかよ)

留学セレクト

コラム

英語教育・留学の前に今からしておきたい準備。英語よりも●●●の楽しさを!

留学全般

2018年4月14日

こんにちは♪

留学プロデューサーの三嶋 香代です。

今日も無料メルマガから加筆してお届けします



昨年、久々、はまった韓国ドラマがあります(笑)



麗ー花萌ゆる8人の皇子たちー

http://kandera.jp/sp/rei/

このドラマは時代劇で、中国ドラマ「ジャクギ」のリメイク版

http://www.bs-j.co.jp/jyakugi/cast.html

先に中国ドラマを見ていたので、おもしろいなーと思っていたのですが

まさかの韓国ドラマでリメイクされていて、鬼リピして見てしまっていますw



字幕は英語で、韓国語で見ていますが、やっぱり歴史ドラマの言葉は難しい(泣)

昔の言葉がでてくるのでね。でも、楽しく何回も見ていますw







外国語でのコミュニケーションはどのぐらいにしたいのか?



さてさて、なんで韓国ドラマの話をしたのかというと

所詮外国語、されど外国語だからです。

外国語をどこまで理解するのか?というところに行きつくからです。


・コミュニケーションをとれるぐらいなのか

・仕事としての外国語力なのか

・ドラマぐらい見れるぐらいなのか

・通訳者なのか

など、どこに的を絞るのか?ということだからです。

ちなみに、長年、韓国語を学んでいますが

私は教えられるようになるまでと、意志を固く持っていました。




生きる楽しさ=生活力!



そして、英語教育や留学もしかり。。。

英語教育や留学の前に、英語よりも先に準備しておきたいこと。

ズバリ!



「生きる楽しさ!」

つまり、「生活力」です。

生きて活かして行く力!



シェア会やセミナーでお伝えしてるのですが

英語や留学する前に、英語よりもまず、生活力が必要です。


・ご飯を楽しく作れるか

・洗濯が楽しくできるか

・掃除が楽しくできるか

なぜ、これらが大切なのか。。。






自分でしなければならないから


留学すると、ホームステイか寮ですよね。

あっ、シェアハウスなんかもありますね。

でね。ここでは、基本的に全て自分でしなければならないのです。

日本では、お母さんがご飯を作り、準備をしてくれます。


「上げ膳据え膳」なんていう言葉もあるぐらい

ご飯ができているのが当たり前

机にご飯が作られているのが当たり前

という状態です。

これが悪いわけではありませんので、誤解なきように^^

しかし、ホームステイや寮になると、これらを全て本人がしなければなりません。

なので、英語教育をする前に、

この生活力をいかに楽しくできるか?

ということなのですね。

バックナンバーでも書きましたが、次女も

「朝・昼(お弁当)」は自分で作っています。

(材料はホストの冷蔵庫から)

長女も今は寮なので、自炊しています。



なので、「英語がまあまあ好き」「嫌いではない」という土台作りも大切ですが

この「生きる楽しさ=生活力」を身に着けておきたいですね^^



生活力をどう楽しくつけていく?



お手伝いとして、日本では取り入れられていますが

やり方は工夫次第です。


・洗濯ものをたたむ⇒月・木は子供に任せる

・ご飯のお手伝い⇒野菜を切ることは子供に任せる


などなどです。


実は、日本人を受け入れしている海外のホストファミリーがいうことは

「ご飯ができるまで、そのまま座って待っている」とか

「何もしない」などです。


そして、日本人からは、ビジネスでないホストがいいという声も多いのですが

上記のような状態では、ビジネスでもなんでもありません。

本人たち、何もしていません。(辛口)

お客さんではないのですよー><

こんなことからも、本人とホストの間で誤解が生じてしまうのです。


なので、英語教育より英語より先に、

「自らする」ということを経験する環境を整えてみるといいですね^^

不登校・留学カウンセリング、セカンドオピニオンという新発想!


不登校✕留学✕グローバル!お悩み解決


メンバーになるための詳細


留学セレクトホームページ

この記事を書いたプロ

三嶋香代

三嶋香代(みしまかよ)

三嶋香代プロのその他のコンテンツ

Share

三嶋香代プロのその他のコンテンツ