マイベストプロ神奈川
村本瑠美

夫とともに、心と体をラクにする漢方カウンセラー

村本瑠美(むらもとるみ)

漢方カウンセリング がじゅまる

コラム

寒くなると、お腹が張りやすくなる方

2018年12月6日

テーマ:季節の話

今日は、昨日の暖かさから一転、冬の寒さが感じられますね。


さて、寒くなると、お腹が張りやすく(腹部膨満感)なりませんか。
今回は、このことについて中医学的に見ていきたいと思います。

なぜ、寒くなるとお腹が張るの?


お腹が張るのは、五臓の中で「脾」と関係があります。

脾の機能が正常であれば、胃腸の消化吸収もよく、
様々な組織に十分に栄養を行きわたらせることができます。

しかし、脾の運化機能が衰えていると、消化吸収も悪くなり、
様々な組織に栄養を行きわたらせることができなくなります。

元々、冷えやすい人は胃腸の調子が悪い脾虚体質の人が多く、
寒くなると冷えて脾の運化機能が悪くなるため、ガスを上手く排泄することができず、
お腹が張ってしまうという訳です。

寒い時にお腹が張る時の対策




対策としては、温かい食べ物や消化吸収の良い食べ物を食べることが大事です。

あと、気の流れが良くないとお腹が張ってしまうので、
冬でも晴れた少し暖かい日に散歩をしたり、ヨガなど軽い運動をするなどして、
気を流れやすくすることもいいと思います。

それから、腹巻きやネックウォーマー、レッグウォーマーなどをして、
身体を冷やさないことが大切です。
上の方のイラストのように、カイロでお腹を温めるのもおすすめです。

漢方には、胃腸の機能を整えるものが多くありますので、
もしお悩みの方はどうぞお気軽に当店までご相談くださいね。


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
https://gajyumaru-kampo.com/

この記事を書いたプロ

村本瑠美

夫とともに、心と体をラクにする漢方カウンセラー

村本瑠美(漢方カウンセリング がじゅまる)

Share
関連するコラム