まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
佐野聖

実証された鍼療法で体の悩みを解消する鍼灸師

佐野聖(さのひじり)

はり・きゅう・マッサージ治療院 feel 横浜本院

お電話での
お問い合わせ
045-336-0006

コラム

四十肩・五十肩・肩の痛みの治療

四十肩・五十肩・肩の痛みのトリガーポイント鍼治療


四十肩・五十肩という言葉は、だれしも耳にしたことがあり、残念ながらその痛みを経験してしまう方も多い症状です。

四十肩・五十肩は、40代~50代頃に現れる、肩の痛み全般を指すことが多く、実際には痛みの場所、痛むときの動作が人それぞれ違うのですが、ひとまとめに四十肩・五十肩と診断されます。

ただし、40代・50代で肩の痛みがあるからと言って、ご自身で四十肩・五十肩と判断はしないでください。中には石灰沈着性や、腱板損傷による痛みの場合もあるので、一度整形外科などを受診し、そういった異常が無いか検査することをお勧めします。

今回は、筋肉(三角筋)が原因のトリガーポイント治療の視点から、肩の痛みについて説明したいと思います。

三角筋は肩にある筋肉で、前部・中部・後部と3つに分かれていて、肩を動かすときには必ず使う筋肉です。



左から、三角筋前部・中部・後部 *青く反転している部分です

肩関節の動き方と痛みの原因筋


●三角筋前部に原因がある場合
動き:バンザイする・腕立て伏せをする・引き戸を身体の中心に向かって開ける等

●三角筋中部に原因がある場合
動き:シャツなどを着る時に腕を横に伸ばす、手提げかばんを横に持ち上げる等

●三角筋後部に原因がある場合
動き:エプロンの紐を後ろで結ぶ、後ろのものを取るなど後ろに腕を伸ばしたとき等

このように、同じ肩の痛みでも動かし方によって、同じ三角筋の中でも治療する場所が違ってきます。また、三角筋以外にも肩の筋肉はありますのでそこに原因がある場合もありますが、動きの中で出現する痛みの場合はトリガーポイント治療が有効です。

痛みがあると肩を動かさなくなり、だんだんと肩の動きが悪くなる場合もありますので、お心当たりの方は、トリガーポイント鍼治療を受けてみて下さい。

横浜市の痛みとコリの専門治療院 はり・きゅう・マッサージ治療院 feel 横浜本院 

この記事を書いたプロ

佐野聖

佐野聖(さのひじり)

佐野聖プロのその他のコンテンツ

Share

佐野聖プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
045-336-0006

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐野聖

はり・きゅう・マッサージ治療院 feel 横浜本院

担当佐野聖(さのひじり)

地図・アクセス

佐野聖のソーシャルメディア

facebook
facebook

佐野聖プロのその他のコンテンツ