まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
吉田真理子

シニアフィットネスの専門家長生きストレッチインストラクター

吉田真理子(よしだまりこ)

NPO法人 フィットネスビューティー100/秦フィットネス研究所

お電話での
お問い合わせ
050-5832-3317

吉田真理子プロのご紹介

女性の運動不足、体の痛みを解消するフィットネスインストラクター&パーソナルトレーナー(1/3)

フィットネスビューティー100の吉田真理子さん

「一病息災」でも、トレーニングによって健康な体を維持する

 「一病息災でも、健康な体は維持できる」と話すのは、グループインストラクターとしてレッスンを提供する傍ら、パーソナルトレーナーとしても活動する吉田真理子さん。同性で安心できるというイメージもあって、受講生の8割が女性という吉田さんは、現役のスポーツ選手や体を本格的に鍛えているという人よりも、「体が痛む」「怪我のリハビリ」「運動不足の解消」などの悩みを持っている人に対し、健康で不自由のない生活が送れるようなトレーニングを指導しています。

 吉田さんは個人的に「無病息災」ではなく「一病息災」でも健康を保つことはできると主張。器械体操の選手だった吉田さんも、高校2年生のころに膝の靭帯を切って手術をし、現役選手としての道を諦めたという経験があります。当時、リハビリとしてトレーニングを始めたことをきっかけに、現在の仕事に携わるようになりました。そうした過去があるからこそ、吉田さんはどこか痛めていても、運動によってある程度まで回復できることを身をもって知っています。逆に、どこか痛めているわけではないのに、運動不足で体が動かなくなってしまうことも。「ある意味、病院に行くよりも、薬を飲むよりも運動で改善される部分は大きいんです。でも、面白くない、苦しいのは嫌という理由で、始めない、続かない人が多いですよね。体は放っておけば、年を取るにつれ衰えていきますが、その衰えを運動によって和らげることができるんです」

 吉田さんのトレーニングを受けている人も「怪我で痛めている部分がある」「老々介護をしていて、自分が倒れるわけにはいかない」「子供を産んだばかりで、運動不足を解消したい」など、目的はさまざま。そんな人々に対し、吉田さんは1対1で、オーダーメードのトレーニングを提供。同じ腰が痛いという症状でも、猫背、反り腰などによってトレーニング内容は異なります。個々に話を聞いて、なぜそうなったのかを聞きながら、アプローチの方法を変えていきます。

吉田真理子プロのその他のコンテンツ

Share

吉田真理子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
050-5832-3317

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田真理子

NPO法人 フィットネスビューティー100/秦フィットネス研究所

担当吉田真理子(よしだまりこ)

地図・アクセス

吉田真理子プロのその他のコンテンツ