まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
吉田真理子

シニアフィットネスの専門家長生きストレッチインストラクター

吉田真理子(よしだまりこ)

NPO法人 フィットネスビューティー100/秦フィットネス研究所

お電話での
お問い合わせ
050-5832-3317

コラム

やることがない

一生素敵でいるために

2017年1月4日 / 2018年8月10日更新

【やることがない】
ホームに日参していて、確信したこと。
それは
「やることがない」→「寝てばかり」→「食欲がわかない」「夜寝られない」→「薬にたよる」→「だるい」→「やる気が出ない」「やることもない」→「寝てばかり」…以後、スパイラル。

もちろん、施設側も色々考えてくれて、
季節のイベントや日々のレク、体操など、食事、入浴、その他とやることがないわけではないのです。

入院したら1日寝てられるでしょ?と思ったら、
案外、診察だ、検査だ、リハだ、面会だと忙しいのと一緒。→ ちょっと雑なまとめ方だけど。

でも、だいの大人です。
いっぱしの地位を築いて来た挙句、
ちいちいぱっぱだの、バンザーイだの、やりたいか?気持ちはわかります。
「俺はやらんよ。」そうなるのも仕方ない。

でも。
じゃあ自分でやれますか?
運動やトレーニングを自主的に日々継続するのは、結構大変です。

レクリエーションに参加しなくても、趣味のものがあれば
それを行うことで過ごしていけます。
でも、やることがない。
ヒマだから、寝る・・・のスパイラルにはまると、頭も身体も急速に衰えて行ってしまいます。

だから。
そうなるもっと前から、動けなくなってもやれる事、やりたい事は、用意しておいた方がいい。
自分の機嫌を自分でとれるもの。
それもいくつもあった方がいい。
コレは人じゃわからない。自分で自分の好きなもの。

ちいちいぱっぱをやりたくないなら、しっかり納得できるパーソナルトレーナーを雇う。
自分ではわからない身体のことは専門家と一緒に行えれば、効果も上がる。

ホームじゃなくて、自宅にいたら、
やらなきゃならないこともある。家事全般や様々な用事。
それはそれで、全身が廃用性症候群に陥るのを防いでる効果がある。

優しい良い嫁、上げ全据え膳は、実は、全介護への後押ししてるのかも。

この記事を書いたプロ

吉田真理子

吉田真理子(よしだまりこ)

吉田真理子プロのその他のコンテンツ

Share

吉田真理子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
050-5832-3317

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田真理子

NPO法人 フィットネスビューティー100/秦フィットネス研究所

担当吉田真理子(よしだまりこ)

地図・アクセス

吉田真理子のソーシャルメディア

rss
rss
2018-07-23
facebook
facebook

吉田真理子プロのその他のコンテンツ