マイベストプロ神奈川
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ神奈川
  3. 神奈川のメンタル・カウンセリング
  4. 神奈川の家庭問題・離婚問題
  5. 明石郁生
  6. コラム一覧
  7. コロナ禍、「不安」は「自分のもの」と気づくことで、自分を守る力や他者と親密になる力となるのです。

コラム

コロナ禍、「不安」は「自分のもの」と気づくことで、自分を守る力や他者と親密になる力となるのです。




「不安」とは、良くない感情なのではありません。「自分のもの」として気づくことで、自分を守る力や他者と親密になる力となるのです。

コロナ禍の影響か、夫婦セッションのご依頼が増えています。

夫婦セッションとは相手を分析して、相手を変えようとすることではありません。

夫婦セッションの意味は、お互いが「自分自身の感情、気持ち」に責任をとることにあります。

共依存とは、自分自身を失ってしまうほど他者の世話焼きに奔走してしまうような人間関係をつくってしまう行動様式といえます。
「誰かの役に立っていないとここにいて良いのだと思えない」というような無意識の圧力に翻弄され、他者の感情、例えば、不安などを解消するための行動を繰り返すでしょう。

しかしながら、他者の感情を解消しようとあれこれ奔走しても、いっこうに他者の感情とは解消されず、ますます、自分自身が不安になるでしょう。他者の感情をコントロールしようと強い圧力を使いますが、それが叶わないので、さらに、自分自身に圧力をかけてしまうからです。

自分自身の「感情、不安」に気が付かないと、他者の感情をコントロールすることで自分自身の「不安」を解消しようとしてしまうのです。結果的に、「あなたのせいで、私は不幸だ」と、怒りをぶつけることになります。


「不安」とは、良くない感情なのではありません。

「自分のもの」として気づくことで、自分を守る力や他者と親密になる力となるのです。

読んでいただいてありがとうございます。

本情報がお役に立つ方をご存知な方は転送、シェアをしていただけますと幸いに思います。
心の課題とは、変化の機会、森や海や音楽のように。
悩みや困難を単に癒やすための課題にとどめず、「自分自身になろうとする力」の流れと捉えます。
心理教育相談カウンセリング:家族とAC研究室 

この記事を書いたプロ

明石郁生

「あなたらしい生き方」をサポートする臨床心理士

明石郁生(家族とAC研究室)

Share

関連するコラム

明石郁生プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0467-82-8277

 

カウンセリング中は留守番電話になっています。留守番電話にお名前・連絡先などをお願いいたします。営業時間内(翌日または翌々日)に担当者からご連絡いたします。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

明石郁生

家族とAC研究室

担当明石郁生(あかしいくお)

地図・アクセス