マイベストプロ神奈川
前田一枝

日本人をネイティブの発音に!発音専門ベテラン英語講師

前田一枝(まえだかずえ) / 英語発音指導スクール代表

ELIZA ENGLISH SCHOOL(イライザ・イングリッシュ スクール)

コラム

Zの発音 ★ 米国では/zi:/、英国では/zed/ 、日本ではゼット!

2020年4月6日 公開 / 2020年4月24日更新

テーマ:英語発音

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: 英語 発音ビジネス英語 勉強中学英語 勉強法

基本のアルファベットの発音 Z ★日本語はなぜ「ゼット」?


今回は、アルファベットの Z の発音についてです。




日本人は、ゼットと和製英語で発音してします方が多いですが、それは英語の正しい発音ではありません。米国では / zi: / 、そして英国では / zed / と発音します。


音声はこちらにあります。


ですので、アルファベットの歌 note を歌う祭に、アメリカ人とイギリス人では幾つか発音が異なりますが、その違いが大きいのは Z でしょう。


仕事や旅行で外国に行く際は、その現地に合わせて発音を変えて交流するとより楽しいのではと思います。


When in Rome, do as the Roman do.

「郷に入っては郷に従え」ですね。






さてそれでは、なぜ日本語ではゼットとなったのでしょうか?


それに関して、私は、イギリス英語の / zed / を日本人が発音しやすいように変えたのではと考えています。



具体的に言うと、/ zed / の / e / の部分をエッというように促音(つまる音)にしたために、勢いがついて声帯が閉じられないまま発音されて、有声音である / d / がそ の無声音 / t / になったからでしょう。 



本来、英語の / t / の発音は強く破裂する音ですが、日本人には子音で終わる発音がわずかな例外を除いてはないために、子音 / t / に母音の「オ」をつけてトになり、ゼットという和製英語ができたと考えられます。



これと同じ現象の例として、head がヘット、bed がベット、red がレットが挙げられますが、現在では英語らしくヘッド、ベッド、レッドと発音されるようになりました。



次回は「日本人には大混乱の発音、ZとGの違いについて」です。


ELIZA発音検定詳細はこちら。

この記事を書いたプロ

前田一枝

日本人をネイティブの発音に!発音専門ベテラン英語講師

前田一枝(ELIZA ENGLISH SCHOOL(イライザ・イングリッシュ スクール))

Share

関連するコラム

前田一枝プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-6564-1355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

前田一枝

ELIZA ENGLISH SCHOOL(イライザ・イングリッシュ スクール)

担当前田一枝(まえだかずえ)

地図・アクセス