まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
友部守

開業医・経営者専門のファイナンシャルプランナー

友部守(ともべまもる)

ゴーウェル株式会社

お電話での
お問い合わせ
044-969-7157

コラム

死亡保険金には非課税部分がある

開業医の相続

2014年12月4日

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.生命保険と相続・相続税  (その2)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●死亡保険金には非課税部分がある?

契約者(=被保険者)の死亡により相続人が受け取る死亡保険金は、
非課税限 度までは相続税の課税対象になりません。

非課税限度額は、500万円×法定相続人数です。

例えば、配偶者と子ども1人、合計2人の法定相続人がいると1,000万円です。
どちらか1人が死亡保険金を受け取っても1,000万円まで非課税です。

なお、配偶者が死亡保険金受取人で、子どもが相続放棄しても非課税限度額は
1,000万円のままです。

逆に、相続放棄した子どもが死亡保険金受取人であれ ば、非課税の適用はありません。

※相続人以外の人が受け取った場合、非課税の適用はありません。
 相続放棄をした人は、最初から相続人ではなかったことになりますが、
  法定相続人数としてはカウントされます。

開業医のための「脱☆ドンブリ経営実践セミナー」を開催します。
6月21日(水)14時から16時、横浜情報文化センター7階会議室になります。
詳細はこちら。セミナー

この記事を書いたプロ

友部守

友部守(ともべまもる)

友部守プロのその他のコンテンツ

Share

友部守プロのその他のコンテンツ