マイベストプロ神奈川
牧千恵子

人生を豊かにするバイオリニスト

牧千恵子(まきちえこ) / 家庭教師

有限会社ベル音楽事務所

コラム

ヴァイオリンと私 笑って泣いて、ご一緒に!

2016年3月1日 公開 / 2019年6月13日更新

テーマ:開放弦

コラムカテゴリ:スクール

大人の方でヴァイオリンを弾きたい方のために「中高年からヴァイオリンを弾く」講座を横浜で始めてから20年。
楽器も高価で敷居も高いとされているヴァイオリンを、充分大人になってから初めて手にされる方、
ずっと練習していなかったのだけれど、再び弾きたいと思い出した方、動機は様々だが
意欲あふれる方々との出会いから、なんとか効率よく楽器を生活の一部にするためにと試行錯誤を繰り返した中から、
私なりの方法や思ったことを書いてゆこうと思う。

<楽器へのアプローチ>
● なめてかかること!……「あの人だって、この人だって弾いているのだから、自分にできないことはない!」と思いこむこと。
   大体において、初めてのことに取り組むのはむつかしいに決まっています。
   慣れたら出来そうなことも初めはわからない。
   ならばそれ以上、「むつかしい!できそうもない!」という呪文はくりかえさないこと。
   正しい楽器の持ち方をして、正しい弓の持ち方をして、力を抜いて弦の上に弓の毛を置いてひっぱれば
   ホラ! 音は出ます!!!

●楽器のこと……楽器は高価です。家宝にする為に、何千万もの楽器をお望みの方は別途ご連絡ください。
   練習のための楽器の話をいたします。
   練習用であっても最低6万から10万のものをお選びください。
   (そもそも音が出ないような楽器で練習するのは、それが1万であってももったいないです)
   または同等のものを安価で借りましょう。
   カルチャーパークでは、希望される初心者にはきちんとした楽器をリースしています。
   ほぼ一年以内の期間を目安にしています。

●楽器習得は「もう一つの言語、もう一つの道具を手に入れること」…… 素敵ですよね。
   それから楽器は音が出るもの、ということをよく肝に銘じてください。
   人にも聴かれるものです。
   当然のことなのに、中々理解されない方がいます。  
   さて準備万端!! 続く!

この記事を書いたプロ

牧千恵子

人生を豊かにするバイオリニスト

牧千恵子(有限会社ベル音楽事務所)

Share

コラムのテーマ一覧