まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
馬場宏

本質に即したHPがつくれる、採用・集客コンサルタント

馬場宏(ばばひろし)

株式会社ビーシーソリューション

お電話での
お問い合わせ
044-440-4994

コラム

希少性・限定性のある商品サービスにできないか?

その他

2018年7月11日

あなたが提供している商品サービスは、
希少性や限定性はありますか?

人は、なかなか手に入らないものを、なんとかして手に入れたい!
賢くお得に手に入れたい!と思ってしまうものです。

例えば、好きなアーティストのライブがあって、
限定100名のライブ前の握手会付きチケットを用意、と書いてあったら?

好きなアーティストだし、しかも100名限定で握手会付きなら
早く買わないと!と思ってしまう人が結構いるでしょう。

好きな、という前提がない場合も同じようなことが起きます。
あなたも経験があるはずです。

例えば、タイムセール。
スーパーだったら、本日11時よりタイムセールを実施。キャベツ1玉30円。
買い物上手な主婦なら、逃しません。

例えば、デパートでウィンドウショッピングを楽しもうと行ったところ、
ブランドショップが7/1~7/7までの期間限定。夏物売り尽くし半額と。
買うつもりなかったのに、買ってしまうことありますよね。

もし、あなたがコンサルタントや士業など労働集約型のビジネスをしていて、
最高のサービスをお客様お一人お一人に提供したいと思っているなら、
必然的に1ヶ月でお客様にできる人数が限られてしまうでしょう。

そういう場合は、1ヶ月に10社限定
と明記すれば良いのです。

もちろん、嘘はいけませんよ。

実際に、完全手作りの人気のバッグ、
製造工程を機械化していないために、1ヶ月に生産できる数量が決まってしまい、
月に限定30個しか生産できません、と明示しているところもあります。

この方が、お客さんとしても、良い品質のサービスを提供してくれそう!
と思ってくれると思いませんか?

期間の限定は、ちょっと毛色が違うところもあるかもしれません。
中には安売りの場合に使うもの、と思い込んでいる人もいるかもしれません。

でも、例えば、申込みの時期を限定するというのはよく見かけます。
人気のセミナーに参加しようと思ったら、いつも募集しているわけではなくて、
期間を限定して募集していた、という経験はありませんか?

自社の商品サービスでそのような考え方ができないか、
一度考えてみましょう。

手前みそですが、弊社であれば制作案件は1ヶ月限定3社にしています。
ここでは詳細に書きませんが、制作プロセスでヒアリングに相当時間を費やすからです。
たくさん仕事を受けると、ヒアリング内容が甘くなって、品質が低下してしまうのです。
それを避けるために、3社にしています。

同じように、きっとあなたにも何かあるはずです。
売りやすくするためではなく、お客様へより良いサービスをお届けするために、
どんなことができるか?という視点で考えてみてください。

この記事を書いたプロ

馬場宏

馬場宏(ばばひろし)

馬場宏プロのその他のコンテンツ

Share

馬場宏プロのその他のコンテンツ