まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
馬場宏

本質に即したHPがつくれる、採用・集客コンサルタント

馬場宏(ばばひろし)

株式会社ビーシーソリューション

お電話での
お問い合わせ
044-440-4994

コラム

分かりやすさがホームページの成果の秘訣!?

ホームページ活用

2018年6月18日

お客様に必ず説明することの1つに、
ホームページとリ対面営業の違いがあります。

ホームページは24時間休むことなく、文句を言うこともなく働いてくれる営業パーソン、
みたいな言われ方をします。

対面営業と違って相手の反応で対応を変えられない


でも、リアルの営業と違のは、
ホームページは双方向のコミュニケーションはできない、
ということ。

ホームページは、そこに書いてある文章を読んでもらう、
画像を見てもらう、動画を見てもらう、
といったことしかできません。

その場で相手の反応を見ながら、
あ、今の説明分かりづらかったかな・・・
説明の仕方を変えよう!

みたいな、臨機応変な対応はできません。

当たり前、と思われるかもしれません。

でも、その当たり前をどこまで意識してホームページを作っているか?
ほとんどの人は、そこまで意識していません。

あなたのホームページを見る人は専門家ではない


そもそも、あなたのホームページを見る人は、
あなたと同じように、あなたのビジネスについて専門的な知識を持っている
なんてことはありません。

本を読んでみた、
ネットで調べてみた、
そういった人であっても、あなたの専門知識と比べたら
比べようがないほどの違いがあります。

もし、
いやいやそんなに専門知識に差なんてないですよ、
という方がいらっしゃれば、
それはもはやビジネスとして成立しないですよね?

最後まで読んでくれるなんて性善説は捨てる


あなたのファンでもない限り、
あなたのホームページを隅から隅まで全部読んでくれる人なんていません。

ページの一番上から、一番下、最後までスクロールしてくれる、
そんな性善説に立ってはいけません。

あなたの競合はたくさんいます。
いつだって、あなたのホームページを閉じたり、戻るボタンを押して、
競合のホームページを見ることができます。

うわ、ここのホームページ、何かいているのか分かりにくいな・・・
と思われたら、もうその時点でおしまいです。

もう、それ以上読んでもらえません。

小学校高学年でも分かるような文章にする


別にホームページ上で格好つける必要なんてありません。

お、小難しい言葉使っていて、この会社知的だな!
よし、この会社に依頼しよう!
ってなりますか?ちょっと私には想像できません。

ホームページの目的は何でしょうか?
お問合せや資料請求、見積り依頼をしてもらうなど、
目的を決めているはずです。

その目的を達成するために、
どのようにメッセージを伝えるのか?

ここは真剣に考えないとダメです。

制作会社に、ここはこんな内容を入れるので原稿を準備してください、
と言われて、自分が書きたいように書くのではいけないのです。

見込み客が読んでわかるように、書かないといけないのです。

文章の構成だったり、
使う単語だったり、
ちゃんと考えるのです。

好きなことを、自分が書きやすい言葉で書くだけで
ホームページから問い合わせが来るなら、誰も苦労しません。

小学校高学年の子供が読んでもわかるくらいの
文章で書かないと、読んでもらえません。

文章って難しいんです。
とにかく、視点を自分(自社)からお客様に変える。
お客様が知りたいことを、お客様が簡単にわかるように、
読みやすいように書くこと、
これを意識してみてください。

この記事を書いたプロ

馬場宏

馬場宏(ばばひろし)

馬場宏プロのその他のコンテンツ

Share

馬場宏プロのその他のコンテンツ