まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
馬場宏

本質に即したHPがつくれる、採用・集客コンサルタント

馬場宏(ばばひろし)

株式会社ビーシーソリューション

お電話での
お問い合わせ
044-440-4994

コラム

ウェブサイトに無料相談を入れるべきなのか?

ホームページ活用

2018年6月13日

特に、士業の方やコンサルタントの方から、
「ホームページを作ったら、無料相談を入れた方がいいですか?」
という質問をよく受けます。

弊社からの回答は、
「無料相談でなくても構いません。
でも、無料相談以外に、初めてのお客様にとって
利用のハードルを下げる仕組みをいれてください。」
となります。

なぜ、無料相談を入れるか悩むのか?


このような質問をなぜするのかと理由を聞くと、
「無料相談を入れると、無料をいいことに、本気度の低い相談が
増えるとホームページをもっている知人から聞いたことがあるから」
というのがほとんどです。

これは仕方がないことです。
無料で相談をします、といっている訳ですから、
そこには本気度が高い人も低い人も混在します。

何のために無料相談を入れるのか?


立ち戻って、
そもそも無料相談を入れている人は、
なぜ、ホームページに無料相談と出しているのでしょうか?

それは、さきほども書きましたが、
初めて利用される方が、利用しやすいようにハードルを下げる、
という目的です。

有料相談であってもどんどん相談依頼が来るのであれば、
無料相談をあえて実施する必要はないでしょう。

そうではない状況だからこそ、
ホームページを使って、見込み客を集める工夫をするはずです。

無料相談でなくて無料〇〇でも良いのです!


利用のハードルを下げる目的が達成できるなら、
無料相談でなくても構いません。

士業やコンサルタントであれば、
その専門知識をまとめた無料小冊子プレゼントでも良いですし、
最近なら無料説明動画プレゼントでも良いです。

1対1で本気度の低い人の相談で時間を割くのがもったいないなら、
無料セミナーでも良いでしょう。

目的を達成するために必要な手段で、
無料で提供できるものはないか?
と考えてみてください。

でも、やるなら無料相談かな・・・と思うなら


無料相談申込み画面に、
本気度が低い人は申込みにくい状況・雰囲気を作れば良いのです。

メッセージとして、
本気でお悩みの方に限ります!
とか、

それだけだと味気ないなら、
すぐにでも問題を解決したいと深刻なお悩みを抱えている方のサポートを
させていただくために、本気でお悩みの方からのお申込みと限らせていただきます、
みたいにしたり、

通常、問い合わせフォームは、
入力項目数を最低限にして、入力するのが面倒に感じるのを防ぐ
という設計をするのですが、

無料相談の申込みフォームは、
氏名、ふりがな、住所、電話番号、具体的に相談したい内容
を入力してもらうようにして、
個人情報や具体的な内容を入力する手間をかけてまでも
申し込みたい人に絞る方法もあります。

さいごに


いずれにしても、大切なのは、
何のために無料〇〇をするのか、その目的を明確にすることです。

その目的を達成するために、最善の方法は何か?
実際にホームページを運用しながら見極めていく、
それが大切です。

「ウェブ求人・集客のキモが分かる!活用できる!」無料メールマガジン
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://bc-sol.com/magazine

この記事を書いたプロ

馬場宏

馬場宏(ばばひろし)

馬場宏プロのその他のコンテンツ

Share

馬場宏プロのその他のコンテンツ