まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
馬場宏

本質に即したHPがつくれる、採用・集客コンサルタント

馬場宏(ばばひろし)

株式会社ビーシーソリューション

お電話での
お問い合わせ
044-440-4994

コラム

アクセス数が増えれば問い合わせが増える?その根拠は?

ホームページ活用

2018年6月12日

ホームページを作ると、お客さんにとって、
一番目に見えて分かりやすいのがアクセス数です。

アクセス数が増えると嬉しくなりますよね?
アクセス数が少ないよりか多い方が問い合わせに繋がる気がしますから。

アクセス数ではなくてPV(ページビュー)数、という方もいるでしょう。
まぁ、そこは厳密にどっちの言葉がいいという話はここではしません。
本質はそこではありませんので。

コンテンツを増やせばアクセス数が増えて問い合わせが増えます!


先日、このような説明をされている同業者さんにお会いしました。

この考え方は極めて危険です。
もしこの説明のとおりであれば、、、
ウェブサイトからの集客で悩む人はほとんどいなくなります。

分解して考えてみましょう。

コンテンツを増やせばアクセス数が増えるの?


まずは前半の部分です。

これは正しくもあり、誤りでもあります。
ターゲットが実際に検索するときに入力する「キーワード」をきちんとリサーチして、
グーグルが、そのキーワードとの関連でユーザーにとって価値のあるページ、役に立つページ
だと判断されれば、アクセス数は増えます。

コンテンツ、つまりページを増やしたからと言って、
単純にアクセス数が増えるかと言うと、そのようなことはないのです。

実際に、まったくアクセスされないページを作ってしまうことは、
そんなに珍しいことではありません。

アクセス数が増えれば問い合わせが増えるの?


後半の部分は、もっと難しい問題です。

アクセス数が多くなること、
問い合わせが増えること、
この2つは分けて考えなければいけません。

例えば、用語集をあなたのウェブサイトに作ったとします。
もし検索で上位表示される用語がたくさんあれば、
アクセス数は増えます。

では、用語の意味を調べにきた人が、
問い合わせをするかというと、、、
そうではないことが分かるはずです。

相続に直面した人が、遺留分の意味が分からず、
検索したとします。

遺留分の意味を説明している行政書士のウェブサイトがあって
そこで、「なるほど、そういうことか!」と分かったとします。

で、その行政書士事務所に依頼するかということです。

問い合わせに繋がるキーワードと、そうではないキーワードがあるのです。
用語集のようにアクセスを集め、たくさんの人が閲覧することで
グーグルからウェブサイトが評価され、検索上位に表示されやすくする
という狙いのものと、悩みごと解決するキーワードでは目的が違うのです。

問い合わせを獲得するのに大切なことは?


ページを追加し、ページを増やすことで問い合わせに繋げるのであれば、
どういったキーワードで検索した人に、どのような価値ある、役に立つ情報を
提供すれば良いのか?

を考えることが大切です。

この設計なくして、単純にページを増やせばアクセスが増えて、
問い合わせが増える、というロジックは成立しません。

表面的な言葉に流されず、
あくまでユーザー視点で考えることが重要です。

「ウェブ求人・集客のキモが分かる!活用できる!」無料メールマガジン
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://bc-sol.com/magazine

この記事を書いたプロ

馬場宏

馬場宏(ばばひろし)

馬場宏プロのその他のコンテンツ

Share

馬場宏プロのその他のコンテンツ