まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
馬場宏

本質に即したHPがつくれる、採用・集客コンサルタント

馬場宏(ばばひろし)

株式会社ビーシーソリューション

お電話での
お問い合わせ
044-440-4994

コラム

ブログは、たった一人、あの人のために書く

ホームページ活用

2018年6月6日

ブログを書くときに注意しなければいけないことの1つに、

■たくさんの人に読んでもらいたい

という気持ちがあります。
その気持ちはとってもよく分かります。

時間をかけてブログを書くんですから、
一人にしか読まれないより、100人、1000人、10000人・・・
たくさんの人に読んでもらいたいですよね?

■でも、それが逆に読まれない理由になっています

多くのことは、リアルの活動に置き換えると分かりやすくなります。

あなたがファイナンシャルプランナーだとします。
そして、セミナーの講師として話をしてもらえないかと打診がありました。

参加者は100人。
結婚してこれから子どもを作ろうと思っている人、
小学生の子どもがいて今後の学費の心配をしている人、
旦那さんが会社を辞めて独立して今後の家計のあり方を考えている人、
、、、、

いろいろな人が参加予定です。

あなたは、参加者100人が興味をもって聞け、
全員が、聞けて良かった!と満足して帰ってもらえる
そんな話をできると感じますか?

私なら無理です。

最大公約数の話、つまりより多くの人が共通している部分の話をしても
それだけだと、なんとなくどこかで聞いた話になってしまう、

個別の話を話し出すと、自分のケースの話が聞けなかった人は
満足しないでしょう。

でも、相手が一人だったらどうでしょう?

目の前の一人の人の悩みに、
あなたが専門家として相手が喜ぶ情報提供をできると思いませんか?
ありがとうございます!本当にお会いできてよかったです!
って言ってもらえると思いませんか?

■ある一人の人が目の前にいる気持ちでブログを書く

あなたの目の前には、あなたに悩みを相談しに来た人がいる、
その人に説明している気持ちでブログを書くのです。

その人は、
・何に悩んでいるのでしょうか?
・何に不安を感じているのでしょうか?
・何を知りたいのでしょうか?
・どんな未来を手に入れたいのでしょうか?

じっくり親身に相談に乗っている気持ちで書いてください。

実際に相談を受けたことを、相談事例としてブログで書くと
読まれやすいブログになります。

あくまで、相談に答えている、そういう状態です。
くれぐれもブログで売り込もうと思って書かないでください。

「ウェブ求人・集客のキモが分かる!活用できる!」無料メールマガジン
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://bc-sol.com/magazine

この記事を書いたプロ

馬場宏

馬場宏(ばばひろし)

馬場宏プロのその他のコンテンツ

Share

馬場宏プロのその他のコンテンツ