まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
浅葉洋介

信頼を大切にする塗装の職人

浅葉洋介(あさばようすけ)

有限会社 浅葉塗装工業所

お電話での
お問い合わせ
080-2279-3285

コラム

弊社で使っている道具たち~刷毛「桂」~

道具たち

2013年1月31日 / 2013年9月2日更新

油性用としてメインで使っているのが「桂」
塗料の含み具合、毛の腰の具合、どちらも程よい刷毛です。
外壁はほとんどがローラーで塗装しますが、職人の基本は刷毛なのです。
これは「すじかい刷毛」と呼ばれる種類ですが、この15号ぐらいの大きさですとこの「桂」がベストです。
つまり、大きさが違えば用途が違ってきます。
おのずと刷毛の種類も変わります。
8号と15号、それに目地用の刷毛が最も使われますが、全て違う種類の刷毛を採用しています。

以下、メーカーからの見解を記載します。
「桂」・・・高級ペンキ仕様刷毛 合成樹脂塗料用
◇近年の速乾性の溶剤塗料より前、ペンキやOPと呼ばれる油性塗料が主流だった頃からの
 ロングセラー商品です。
◇毛丈が長く厚みのある毛束全体で塗料をよく含み、
 それでいて均一に塗料を吐出すように毛の配合を細かく調整してあります。
◇仕上がりを良くするため、職歴12~13年以上の熟練工が、丁寧な職人技で毛先をつけています。
◇現在一般的な刷毛に比べて、毛束が大きく毛丈も長いため、
  現在の速乾塗料ではより丁寧な手入れが必要となります。
◇豊富な塗料含みで作業性を高めていますが、毛束が大きい為、刷毛捌きに苦労する場合もあります。
◇刷毛の扱いに精通した職人の為の道具です。

この記事を書いたプロ

浅葉洋介

浅葉洋介(あさばようすけ)

関連するコラム

浅葉洋介プロのその他のコンテンツ

Share

浅葉洋介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-2279-3285

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅葉洋介

有限会社 浅葉塗装工業所

担当浅葉洋介(あさばようすけ)

地図・アクセス

浅葉洋介のソーシャルメディア

facebook
facebook

浅葉洋介プロのその他のコンテンツ