マイベストプロ神奈川
山本教夫

認知科学を基に思考の現実化をサポートするコーチ

山本教夫(やまもとのりお) / 実力増大コーチ

アーク合同会社

コラム

ピンチ! と思ったその時は、

2020年5月22日

テーマ:目標設定

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

Look up!
 2020年夏の甲子園大会は中止との正式発表が高野連から出されてしまいました。

 組織は違いますが、ずいぶん前に高体連によりインターハイの中止が発表されていますので、仕方が無いことでしょう。

 選手達に伝えたいことは、先日の投稿に書いたとおりです。

緊急事態発生! その時に…

 人は、緊急事態に陥ると、知能指数 (IQ) が下がります。

 平たく言えば、愚かな行動を取ってしまいがちになるということ。
 まずは、IQを戻しましょう。

 今回のこのコロナ禍だけでなく、私たちは生きていると様々な『想定外』に遭遇します。

 いろいろな場面や状況により、対応策も様々ですが、IQを引き戻す対策として『前を向く』ことを心掛けましょう、とお伝えしています。

 今回は、どのくらい先を見れば良いか、というお話をしましょう。


例えば…

 アスリートやスポーツ選手の方々は、日々記録を出すため試合に勝つために鍛錬されているわけですが、それでもスランプに陥ることがあります。

 大会等に目標を置いて自己記録を上げるべく強くなるべく努力をしているにもかかわらず、成績が伸びないどころか下がることもありますので、それは慌てることでしょう。

 そこで犯してしまいがちな間違いが、「まずは、元に戻ろう」とする考えです。

 戻りたい『元の状態』とは、過去に経験のある状態です。

 その認識下では、生物全てが備えている生命維持装置が昨日と同じ状態を保とうと、つまり自身が変わることを拒否します。

 変われないのです。
 スランプから、抜け出せません。

 

 さて、間違った考えを持つ前に、遡ってみましょう。

 そもそも、元に戻る必要があるでしょうか?

 次の記録会で、元の記録を大きく超えてしまうことの方が望ましいはずです。

 そうです。目標は、大会で記録を出すことや試合に勝つことでした。
 『元の状態』なんて、どうでもいいことです。


どんな情報を受け取りたいですか?

 ピンチの時にその事ばかり考えていると、ますますピンチになる情報ばかり拾ってしまいます。

 前を向き、先を見ることで、初めてそうなるための情報が入ってくるのです。

 アスリートやスポーツ選手で例えましたが、日常や仕事についても一緒。

 「元の生活を」とは、新型コロナウィルスに脅かされない日々という意味では、私も賛成です。

 ですが、『元』に戻ることはありません。
 今回の経験を踏まえた、新しい生活様式が取り入れられていくでしょう。

 新型コロナウィルスのみならず、似たようなピンチには今回の経験を活かせる、あなたにとって理想的な新しい生活様式とは仕事のスタイルとは、どんなものでしょうか。

 ぜひ、あなたにとって、楽しいライフスタイルをイメージしてください。

 ちなみに、アスリートやスポーツ選手にとって、大会で記録を出したり勝ったりすることは、目標としては不十分ですよ。

 ではまた。

------------------
オンライン併催セミナーを開催します。
『ピンチな状況も切り抜ける 経営者マインドの科学的創り方』
 初回記念のキャンペーン料金です!


【新型コロナウィルスなんかぶっ飛ばせ! 緊急キャンペーン】
 受け取りましたか?
 セミナーシナリオテキスト無料プレゼント

 半額以下! のキャンペーン価格でご提供
 『脳と心を加速する技術 個別設計実践』
 

 メールマガジンでは、読者向けキャンペーンも含めて全文お読みいただけます。
 ご登録は、こちらの登録フォームからお願いします。
 『一生の知恵となる 認知 (脳) 科学コーチング メールマガジン』

 YouTube も少しずつアップしています。
 チャンネルはこちら

 当社セミナーは少人数制です。
 参加者の具体的な悩みや案件にお応えすることで、理解を深めていただいております。
 満足度平均 90%のセミナーはこちら

========
アーク合同会社 / ARK Inc.
 代表 山本教夫 / CEO YAMAMOTO, NORIO
Phone: 045-222-8408
Official Site

この記事を書いたプロ

山本教夫

認知科学を基に思考の現実化をサポートするコーチ

山本教夫(アーク合同会社)

Share

関連するコラム