まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
小杉駿介

地震による家具・家電の耐震固定専門の防災士

小杉駿介(こすぎしゅんすけ)

株式会社エリアプロジェクト

お電話での
お問い合わせ
045-299-9080

小杉駿介プロのご紹介

地震による死者・負傷者“ゼロ”を目指し、家具や家電の耐震対策に取り組む(3/3)

株式会社エリアプロジェクト、小杉駿介さんプロフィール施工風景2

感震ブレーカーの取り付け、防災家具の販売など多岐にわたる地震対策を提案

 地震が起こると、壊れた電気機器から発火して家事になることがあるそうです。なんと、震災時の火災の原因の50%は電気による火災だそうです。

「“通電火災”といい、地震で止まっていた電気が復旧したときに、壊れたストーブや電球から発火して起こる火災です」

 地震を察知してブレーカーが降りる「感震ブレーカー」というものがあるそうです。

「家具などに挟まれて身動きが取れなくなった時、通電火災が起きたら……、現実にこのような事態は起きています」

 小杉さんは電気工事の現場でも働いた経験があり、感震ブレーカーの設置も行っています。さらに、防災家具という画期的な家具の販売も行っています。

「2階が落ちてきても、防災家具の下に身を隠せば助かる確率が格段にアップします。たとえば、鉄骨が入った耐震テーブルは、通常のテーブルに比べて3000~7500倍、最大388.5トンという耐荷重があります」

 家の中をまるごと診断して、耐震対策を提案してくれる小杉さん。

「耐震というと家のリフォームを思い浮かべますが、耐震リフォーム価格は100~300万円です。数万から数十万円できる室内の耐震対策をまずは行ってはいかがでしょうか?」

 小杉さんは、現在横浜を中心に活動しています。

「横浜はもちろんですが、今度は関東一円に活動範囲を広げるつもりでいます。地震はいつ起こるかわかりません。早めの対策をお願いします」

 地震に慣れてしまっている日本人、危機感を強める時期なのかもしれません。

(取材日:2016年10月12日)

3

小杉駿介プロのその他のコンテンツ

Share

小杉駿介プロのその他のコンテンツ