まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
小杉駿介

地震による家具・家電の耐震固定専門の防災士

小杉駿介(こすぎしゅんすけ)

株式会社エリアプロジェクト

お電話での
お問い合わせ
045-299-9080

コラム

「阪神淡路大震災から22年」

意識を変えよう!

2017年1月17日

22年前の 1995年1月17日 午前5時46分 阪神淡路大震災が起こりました。
【直下型地震】
死者: 6.434人 負傷者: 43.792人 被害総額10兆円規模

死者の80%相当(約5000人)は家屋が倒壊し、家屋の下敷きになって即死。
死者の10%相当(約600人)は家具や家電の転倒による圧死・窒息死。

負傷者の46%(約2万人)は家具や家電の転倒・飛散によるケガです。

当時は旧耐震基準の家屋が多く、家自体に耐震性がありませんでした。
その為、多くの住宅(約46万世帯)で全半壊が起こってしまい、地震後短い時間で多くの命が亡くなりました。

1981年6月に新耐震基準に変わり、阪神淡路大震災後、2000年に新たに改正が行われました。
※心配な方は耐震診断・耐震リフォーム又はすぐに導入できる防災家具をおススメ致します。
防災家具

家屋の耐震化は法で定められましたが、家の中の対策(家具の固定)には耐震基準はありません。
家の中は「自助」にあたり、自分で守らなければいけないというのが現状です。

家が新しい、もしくは耐震化をしたからと安心してはいけません!
家が激しく揺れるのは変わりません!!

「命を守る対策」 家具や家電の転倒飛散防止対策をしておきましょう!!



この画像のように転倒・飛散し、埋もれてしまっては最悪の場合亡くなってしまったり
ケガをしてしまったり、火災や津波から避難する事ができません。

政府が発表した「今後30年以内に震度6以上の揺れに見舞われる確率は横浜で81%」と非常に高いです。
家の耐震化と一緒に必ず家具の固定もしておきましょう!
この二つの対策をしておく事で命を守り、被害を最小限に抑える事ができ、避難という次の行動を起こす事ができます。


家具の固定はただ取付けただけでは効果がない事もあります!!
2016年のコラム、ホームページに詳しく掲載しております。

キズを付けずに・美観を崩さずにに固定したいなど方法はたくさんあります。
お気軽にご相談ください☺

地震対策、家具固定の専門店「エリアプロジェクト」
小杉まで。   営業時間 9:00~18:00  年中無休

この記事を書いたプロ

小杉駿介

小杉駿介(こすぎしゅんすけ)

小杉駿介プロのその他のコンテンツ

Share

小杉駿介プロのその他のコンテンツ