まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
小杉駿介

地震による家具・家電の耐震固定専門の防災士

小杉駿介(こすぎしゅんすけ)

株式会社エリアプロジェクト

お電話での
お問い合わせ
045-299-9080

コラム

家具の耐震補強はただ取付ければいいというものではない!

家具固定の注意点

2016年11月15日

家具や家電を固定する際の注意点①

転倒防止対策として、
「突っ張り棒」 「金具によるネジ止め」 「耐震マット」を使われているご家庭は多いのではないでしょうか。

しかし、耐震補強はただ取付ければいいというものではありません!!

部屋の壁・床・天井の強度や状況にあった対策を見極め、
そこに適した「質の高い確かな固定器具」を「正しく取付ける」という事がとても重要です。

<突っ張り棒に関して>
だいたいの一般家庭で使用されている壁や天井の石膏ボードは厚さ1センチ前後と非常に薄く、
そこに突っ張り棒で対策をしていても、天井を突き抜けてしまう場合もあります。

特に直下型地震では真下で起こる地震なので下から上へ負荷がかかり、
より天井の強度及び家具の天板強度も必要になります。

突っ張り棒と天井の間に板を挟むなどの対策をする方もいますが、
地震時にはずれてしまい、天井から板が落ちてくるという怖さもあるのでおススメできません。

どうしても突っ張り棒を使いたいという方は、天井のボード裏に隠れた柱を探し(探すアイテムもあります)
そこにしっかりと取付けてください。付ける位置や向きによっても効果に大きな差があるのでご注意ください。



突っ張り棒を使用して固定している方は定期的にチェックをお忘れなく!
小さい地震や劣化などで少しづつ緩んでしまっている場合もあります。

ホームセンターなどで安く売られており、手軽に取り付けられるという事で使用している方も多いと思いますが、状況によってはおススメできません。今一度、見直してみてはいかがでしょうか。
方法によってはキズを付けずに美観を損なわずに固定なども可能です。

今後、金具固定や耐震マットについての注意点も掲載していきます。

まずは、お電話でお気軽にご相談ください。
簡易的にはなりますが、診断・ご提案いたします☺

地震対策専門 エリアプロジェクト
http://www.are-pro.com/

この記事を書いたプロ

小杉駿介

小杉駿介(こすぎしゅんすけ)

小杉駿介プロのその他のコンテンツ

Share

小杉駿介プロのその他のコンテンツ