まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
漆原智

全面・水回りリフォームが得意な一級建築士

漆原智(うるしばらさとし)

株式会社アーバン プロジェクト

コラム

和室を洋室にリフォーム 神奈川

リフォーム 神奈川 横浜

2018年9月16日 / 2018年9月17日更新

失敗しないためのリフォーム 和室編 神奈川

◎一般の方は素人、業者(玄人)には、かなわない。
だから、業者の言いなりになるのではなく、
相談することが大切ですね。

一緒に、家を良くしていこう。使いやすく快適にしよう。
安全にしよう。
という心構えが、ものづくりには一番大切な事柄です。


和室 リフォーム


和室は畳。洋間にすると何が一番問題。

◎和室には、畳があります。
一般的な畳の厚さは、約6センチ程度なので、畳を撤去すると現状より床が下がってしまいます。
だから、下地を組んで床を平らになるように調整する必要があります。

◎下地の組み方も、ただ単に既存のレベルをあげるだけでは、
不十分。
なぜなら、
多くの家の床レベルは、わずかですが傾いている家がほとんど。

◎そのままで、気にならない方は良いのですが、
畳よりフローリングにすると、今までより気になるものです。

◎だから、
下地の組み方でも、作業が異なるため価格差が生じます。
また、1階の場合、断熱材を入れるか入れないかでも異なります。

◎どの程度までのリフォームを希望するか、業者さんへ要望を
伝えることが必要です。


間仕切り

使い勝手や風通しのために、壁を抜く

◎今まで二部屋に分かれていた部屋を、行き来ができるようにしたい。
とか、二室を一部屋で使いたい。
急な来客時は、仕切って使いたいなどなど。
ご要望はあるかと思います。

◎壁の撤去方法や仕切り方にも、色々と方法はあります。
忘れていけないのは、外した壁の分、
梁などで補強が必要ということです。

何もしないで扉だけつけていると、
いつか、傾いてきて戸が開けづらくなることもありますので、
注意が必要です。


間仕切り

扉の高さも変えられる

◎間仕切りも、片側から開くもの、どちらからも開けられるもの。
引き込めるタイプと様々。
使い勝手に合わせてセレクトされるとよいですね。

和室から洋室が好まれる背景


◎ 和室から洋室への変更の要望は、なぜ多くなっているのでしょうか?

考えられる要因として、布団の上げ下ろしの必要のない、
ベッド生活が多くなっているから。

◎ 畳のダニ問題
共働きなどで、普段窓を開けず締め切った部屋では、
畳に湿気がこもりダニなどが発生しやすくなります。
適度な換気が大切です。
昭和時代は、畳を上げて天日干しなどを行っていましたが、
現在は、そのようなことを見かけることがなくなりました。

◎また、昭和に流行った塗り壁が、現代ではぼろぼろ落ちるのが、
嫌という方が多くなったように感じます。

◎フローリングが好まれる理由として、
埃を掃除しやすいので、小さなお子様のいるお宅では、
ぜんそくなどの発症を防げる。

まとめ

◎旧和風にも良い部分があります。
素材の長所短所を見極めて、選択されるとよろしいですね。


************************************

神奈川 横浜を中心に 自然素材 耐震補強 全面リフォームから小さな修繕まで。

リフォーム評価ナビに掲載されたお客様の声 
口コミ⇒ https://www.refonavi.or.jp/shop/2586/kuchikomi/#tabAreaKuchikomi

リフォーム評価ナビのページ⇒ https://www.refonavi.or.jp/shop/2586/

一般社団法人ベターライフリフォーム協会会員 https://www.blr.or.jp/




ホームページはこちら⇒ http://www.urban-pro.co.jp/

メールのお問い合わせ⇒ info@urban-pro.co.jp

神奈川県横浜市保土ヶ谷区上菅田町250-5
株式会社アーバンプロジェクト
代表 漆原 智 (一級建築士・住宅検査員)
TEL:045-372-0177

この記事を書いたプロ

漆原智

漆原智(うるしばらさとし)

漆原智プロのその他のコンテンツ

Share

漆原智プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
045-372-0177

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

漆原智

株式会社アーバン プロジェクト

担当漆原智(うるしばらさとし)

地図・アクセス

漆原智のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-12-15
facebook
Facebook

漆原智のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-12-15
facebook
Facebook