まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
漆原智

全面・水回りリフォームが得意な一級建築士

漆原智(うるしばらさとし)

株式会社アーバン プロジェクト

コラム

木造住宅は風を流して乾燥状態を保てば長持ちする

自然素材リフォーム 神奈川 横浜

2014年5月27日 / 2014年7月17日更新

こんにちは。
アーバンプロジェクトの漆原です。

雨もようやく上がってほっとしました。
本日は、トップライトを設置するために、
部分足場を組んでいます。




家の基本部分は乾燥状態を保って。




小屋裏の天井板を剥がして、断熱の施工状況を確認しました。

せっかくの断熱材も、
軒先から棟までの空気の流れを遮る施工だと、
築年数が浅いのに、
もう、かびが発生してしまっております。

木材は、乾燥状態を保持していれば、
長く持ちます。

しかし、いつも湿った状態ですと、
いずれ腐食してしまいますね。

リフォーム時に施工不良は直しましょう。




屋根の下地板という合板が張られています。
それにぴったりと断熱材をつけて施工してしまったのが、
ひとつの原因です。

そして、合板の継ぎ目に、下地材を横に打ちつけたままにしてしまうと、
この部分で空気の流れを止めてしまう。もう一つの原因です。

それから、棟換気の部分に板の隙間が小さすぎる。
もっと大きく開けないと風の流れが少なすぎて、
効果が出ないのも原因です。

ですから、
せっかくリフォームされる場合に、根本の問題を解決しないと、
意味がないと私は考えます。

そのような訳で、
この際に、空気の流れ道を確保して、断熱をやり直す案で、
お客様とご相談させていただき、改善することにしました。

工事費は坪単価で考えないほうが良い


同じような家でも、
ひと手間を惜しんで工事された家と、
ちゃんと考えて工事されている家もあります。

だから、
一概にどちらが安いから良いとは、
決して言えない部分だと思います。

同じ内容で、お安ければ、それに越したことはありませんが、
そんなうまい話は、あまりないですね。

一番大切なことは、
各職人さんが、
お客様のために、いいものを造ろうという、
心構えだと思います。

だから、現場は楽しくなければいけないのです。

楽しい現場づくりは、結果的に、
お客様のためになると思います。

追伸

別のお客様から、ご成約くださいまして、ありがとうございます。

ただ、私は一度に数多くの工事ができません。
ひとつひとつ仕上げて参りますので、
しばらくお待ち願います。

ご理解ご協力、よろしくお願いいたします。

日々、お問い合わせくださいまして、ありがとうございます。

今日もあなたに、しあわせが訪れますように!

日々、感謝。

********************************************
お客様に喜ばれる家づくり。 1987年創業
地域密着で自然素材+耐震補強+全面リフォームにまっしぐら。

神奈川県横浜市保土ヶ谷区上菅田町250-5
株式会社アーバンプロジェクト
代表 漆原 智 (一級建築士)

リフォームホームページはこちら⇒ http://www.urban-pro.net
TEL:045-372-0177

この記事を書いたプロ

漆原智

漆原智(うるしばらさとし)

漆原智プロのその他のコンテンツ

Share

漆原智プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
045-372-0177

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

漆原智

株式会社アーバン プロジェクト

担当漆原智(うるしばらさとし)

地図・アクセス

漆原智のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-20
facebook
Facebook

漆原智のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-20
facebook
Facebook