まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
漆原智

全面・水回りリフォームが得意な一級建築士

漆原智(うるしばらさとし)

株式会社アーバン プロジェクト

コラム

リフォーム現場では、すぐに養生するわけ

内装リフォーム 神奈川 横浜

2014年4月23日 / 2014年7月17日更新

リフォーム現場で、養生を急ぐ訳

横浜市でリフォーム中です。
今回は、住みながらの工事です。
床のフローリングを張れたところから、
順次養生を行います。


なぜ、養生を急ぐのかは、
お客様も生活されているので歩かれるし、
工事の関係者も動きます。

道具や物を落とすと、傷になりますので、
それを避けるために、
ごみを払ってから、
養生を行います。

紙養生を施し、必要に応じて段ボールを敷き、
その上に、クッション性の高い養生シートを敷いていきます。

また、みなさんが不思議に思うことにお答えします。

なぜ?壁際まで養生を敷かないのですか。
とよく聞かれます。

この部分は、幅木という床と壁の仕上げを施工するために、
わざと隙間を開けて、
養生を行う必要があるからです。

横浜市保土ヶ谷区上菅田町250-5
㈱アーバンプロジェクト
⇒ http://www.urban-pro.co.jp

この記事を書いたプロ

漆原智

漆原智(うるしばらさとし)

漆原智プロのその他のコンテンツ

Share

漆原智プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
045-372-0177

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

漆原智

株式会社アーバン プロジェクト

担当漆原智(うるしばらさとし)

地図・アクセス

漆原智のソーシャルメディア

twitter
twitter
2018-08-10
facebook
facebook