マイベストプロ鹿児島
川添まり子

体と心のセルフコンディショニングのプロ

川添まり子(かわぞえまりこ)

リアライズ有限会社

コラム

腰周りの違和感にストレッチポールが効果的!そのワケは?

2022年10月28日

テーマ:ストレッチポールでコンディショニング!

コラムカテゴリ:美容・健康

【腰周りへのストレッチポールの効果とは?】

同じ姿勢で作業をしたり、長時間立ったまま、座わったままでいたりすると起こりがちな腰痛。
そんな腰周りの違和感には、ストレッチポールが効果的です!そのワケは?

ストレッチポールは直径が15cmの丸いポール。
高さがあるので、ストレッチポールに横たわり膝を立てた姿勢をとるだけで、
骨盤が後傾した位置になり、股関節が少し前方に曲がった状態になるため、
股関節周辺の筋肉が自然と緩みます。

腰周り1

さらに、膝を伸ばした姿勢のエクササイズを行うと、
自分の脚の重たさで股関節周りが軽くストレッチされ(自分の体の重さでおこる自重作用)
その姿勢で脚全体を軽く動かすエクササイズを行うと、
セルフのモビライゼーション(関節に行う治療方のひとつ)が起こり、
股関節周りと腰周りをゆるめて歪みを改善することができます。

腰周り2
骨盤周りをゆるめた後、ポールの上で足を上げると
骨盤の仙骨部分が少し下から押し上げられるような状況になり、
その姿勢で脚を自転車こぎのように動かすエクササイズを行うと、
骨盤にある仙腸関節が締まりの位置になって、理想の骨盤の状態に近づけることができます。
結果、足も軽くなり、立ちやすくなり、楽に動けるようになります

腰周り3
ストレッチポールを使った、骨盤周りをリセットするエクササイズは、
骨盤周りをゆるめて歪みを少なくす → 正しい骨盤の位置で締めて動きを安定させる
という一連の作業を、たった5分ほどで、しかもセルフで成し遂げてしまいます。
ストレッチポールがあると、楽にセルフコンディショニングできます。

《 腰痛の原因は、こんな日常生活に! 》

日常の立ち姿勢や座り姿勢は、骨盤周りに大きく影響しています。
腰は姿勢を保つ要の部分。
腰周りに歪みを生じると、その歪みを肩や首で受け留めてバランスをとるので、
その歪のストレスで、肩や腰・背中の痛みを起こします。

また、腰の歪みは股関節にも影響し、その歪みを膝や足首で受け留めてバランスをとるので、
その歪みのストレスで、膝や足首の痛みを起こします。
肩こりや膝の痛みは、肩周りや膝周りだけをほぐしても、なかなか改善しないのはこのためです。

座り方
 ※(財)日本コアコンディショニング協会 会報誌90号転載(画像の無断転載はご遠慮ください)

体の痛みは、体の歪みを大きく受け止めている部位で感じていることが殆どです。
ストレッチポールのコアコンディショニングエクササイズは、
肩も腰も背骨周りも同時にゆるめて、全身の歪みを改善することができるのが大きな魅力です。

全身の骨格を一度に整えた結果、体全体のバランスが良くなり、動きやすくなります。
結果、歪みを受け留めて感じていた、肩や腰、膝など痛みや違和感が軽減する…というワケです。

全身を短時間で「ゆるめる」ことができ、
短時間で骨格を支える筋力を「活性化」できるのは、
ストレッチポールという高さと丸みを持ったツールがあるからこそできることなのです。

ポール
ストレッチポールを使ったコアコンディショニングは、
再現性が高いので、いつでも、どこでも、手軽に、同じように効果を得ることができます!
簡単に、 腰がらくらく!肩や背中がスッキリらくらく! 全身スッキリ!

腰回りの違和感には、ストレッチポールのセルフコンディショニングが効果的!

ストレッチポールを使ったセルフコンディショニングを習慣化して、
楽に動ごける「心地よい」体と「心地よい」人生を、手に入れましょう!

この記事を書いたプロ

川添まり子

体と心のセルフコンディショニングのプロ

川添まり子(リアライズ有限会社)

Share

関連するコラム

川添まり子プロのコンテンツ