マイベストプロ鹿児島
川路輝美

設計と併せてインテリアと収納を女性目線で提案するプロ

川路輝美(かわじてるみ) / インテリアコーディネーター

株式会社川路建設

お電話での
お問い合わせ
0993-26-2077

コラム

お片づけのスイッチ! ~理想と現実・・・キッチンセミナー~

2019年10月12日

テーマ:暮らし・整理収納

コラムカテゴリ:住宅・建物

毎日の暮らし・・・楽しんでいますか?
みなさまの暮らしをもっと楽しく、
そしてもっと楽に・・・それからちょっとのスパイスでオシャレな空間に!

そんな、あなたに合った暮らしの提案をいたします。
株式会社川路建設の川路輝美です。

キッチンが変わると・・・
        ◯◯◯になる♪
こんなタイトルで、先日セミナーいたしました。

インテリア幸せキッチン

私はキッチンが変わると
使いやすくなる
料理が楽しくなる!  など

◯◯◯はみなさん違いますよね。

そんな
キッチンにはみなさん色んな悩みが・・・
そうです!
キッチンといっても結構沢山のモノがあるのです。
冷蔵庫、食器棚、食品庫、それにキッチンの作業スペース、そして収納
だから

モノが多すぎて片付かない

片づけてもその時だけ

すぐもとに戻る

だから、片付けても一緒・・・結果片付けたくない

片付かない!

この様なサイクルになっています。
そして、キッチンの引き出しの使い方、吊り戸収納に何を入れたらいいの?
どんな使い方したらいいの?
のご質問も結構多く

今回はキッチン作業スペースに合った収納方法をお伝えしました。

まずキッチンは
1・水廻りエリア
2・調理エリア
3・加熱調理エリア
の3つに分かれます。

そう考えると、
その下のスペースには何をしまえば良いのか、何があると使いやすいのか
わかりますね。

ボール、ザルはシンク下そしてお鍋も水を入れてからコンロへ運ぶのでこちらがおススメです。
ただ、いつも使いのよく使う鍋のみの収納とお考え下さい。
ちなみに鍋の蓋はコンロ下のほうが使いやすいと思います。

毎日、そしてよく使うモノの他に、使っていないモノも一緒に入っていることで
取り出しにくくなったり、モノが多いと感じてしまう様です。


今回は、キッチンに関する調理グッズ・食品ストック・増えがちなモノなどのカードを使って
実際の暮らしをイメージしてもらいながらのグループワークをしました。
自分ひとりで考えるより、他の方の考え方を聞くことで
お片づけの方法が違うことに気づいたり、新たな発見にもつながっていたようです。



* みなさんの感想 *

*お話しを聞き納得してうなづく自分、でも現実には片づけ下手なので半分でも手放すモノをつくり
スッキリキッチンを目指したい!

*楽しい空間になれるよう頑張ります。

*片付ける気持ちを後押ししてもらえた!!

*不要なものはないかチェックしてみようと思う。

*収納の方法が学べて良かった。早速、キッチンの片づけをしよう。

*できるところから始めようと思います。
 楽しかったです。

私自身もみなさんと一緒に楽しい時間を過ごすことができました。

誰のキッチンでもない
私のキッチン・・・毎日立つキッチンだからこそ
気持ちよく、使い勝手の良い、楽しい空間であってほしいと思います。
そして、毎日楽しい気持ちでおいしいごはんをつくる場所・・・

私もこれからごはんつくります♪

この記事を書いたプロ

川路輝美

設計と併せてインテリアと収納を女性目線で提案するプロ

川路輝美(株式会社川路建設)

Share
関連するコラム

川路輝美プロのコンテンツ