マイベストプロ鹿児島
馬込香

精油(アロマ)を使ったメンタルヘルスケアのプロ

馬込香(まごめかおり)

Aroma drops

コラム

自分自身に何が期待できて 何が期待できないのか?

2019年2月22日 公開 / 2019年3月6日更新

テーマ:メンタルヘルス

DNA気質

メンタルヘルスで大切なのは何でしょう


メンタルヘルスで大切なのは ”自分を知ること=自分の『気質』” を知ることです
それは自分にとって『ストレスとなる事柄・場面』などを知る近道だからです

前回『気質』には

*何をすれば快感が得られるかを決める『人格気質』
*快感の期待水準と充足期間を決めている『ストレス気質』

の2つあるとご説明しました

もう少し詳しく説明しますね

『人格気質』には

◇【循環気質】・・・人から認められることで快感を得られるタイプ

◇【粘着気質】・・・人から頼られること(人を支える)で快感を得られるタイプ

◇【自閉気質】・・・自分の興味を充実させることで快感を得られるタイプ

『ストレス気質』には

◆【粘着気質】・・・より高い期待水準を求めるキッチリタイプ

◆【不安気質】・・・将来に快感充足を求めるピリピリタイプ

◆【新奇気質】・・・今すぐ快感を充足させたいイキナリタイプ

これらの組み合わせによって私達の『気質』が決まります

もちろん様々な組み合わせ・度合いがあるので、様々な『気質』の人がいるのですね

例えば・・・

将来の事を考えすぎる【不安気質】と今すぐ行動してしまう【新奇気質】を両方持ち合わせている人は

”行動に一貫性がないように感じられることがある”ということになります

自分の中に相反する部分を感じるのは、このような『気質』の組み合わせからくるもので

大なり小なり皆が感じていることなのだと思います

『気質』をもっと詳しくみてみましょう


さてここで ”期待できること 期待できないこと” を少しご紹介しましょう!
(以下 期待できること・・・◎  期待できないこと・・・✕ とします)

【循環気質】
◎愛想のよさ、融通がきく、よくしゃべること、楽しい会話
✕うそをつかないこと、沈黙すること、裏切らないこと

【粘着気質】
◎礼儀正しい、単純明快、世話焼き
✕気楽な付き合い、テンポの良い会話、融通のよさ

【自閉気質】
◎沈黙すること、裏切らないこと、地味に暮らすこと
✕勝負に勝つこと、うそをつかないこと、人と同じことをすること

【執着気質】
◎完全主義、責任感、生真面目さ
✕おおざっぱ、柔軟な対応

【不安気質】
◎計画的、本能的なリスク回避
✕不安にならないこと、パニックにならないこと

【新奇気質】
◎冒険すること、新しい物事の話をすること
✕ひとつの事を繰り返すこと、衝動的にならないこと

わかりやすいものを書き出してみましたが

”これも、これも、当てはまる!” と自分と照らし合わせると

とても面白いですよね

これらからわかるように、自分のなかにそれぞれの『気質』が存在しています

そのすべてが”あなた”なのです

自分にムリな要求をすることを止めてみましょう


ここから先は『なんだかストレスを感じるな』 『自分はムリをしているな』などと

感じる方に検討してほしいなあ・・・と思う内容です

上の項目の◎と✕をみて 例えば・・・

【循環気質】の ”うそをつかないこと” というのは ”話が興に乗ると大げさに話してしまう”

今で言う ”話を盛る” のが大好きなわけです

【粘着気質】の ”世話焼き” というのは ”おせっかい” と思われる行為をやめられないのです

【自閉気質】の ”うそをつけない” というのは世の中でよくある

”お世辞を言う” とか ”うそも方便” みたいなことが苦手なわけです

【執着気質】の ”完璧主義” は”自分もここまでやるのだから 相手にもここまでやってほしい”

と思ってしまうわけです

【不安気質】の ”不安にならないこと” というのは ”頭が痛いけど、大病なんじゃないか?” 

と思うことを止めることはできないわけです

【新奇気質】の ”衝動的にならないこと” というのは ”新しいものにすぐに飛びついてしまう”のです

”なるほど~わかる” と思いますか?

『自分にムリな要求』とは、これらの『気質』の特徴を押さえつけることですね

【循環】の人は どうしても話を大げさに話してしまうのです

それを止めようと自分ですると すごくストレスを感じることになってしまいます

ムリをするのはやめましょう

簡単なことです

『自分はこんな特徴があるのだ』 と自分で受け止めればいいだけのことなのです

これだけで 随分ラクになると思います
(もちろんこれだけで全て解決はしませんが・・・)

自分でできる無意識のストレスを解消する方法の一つにはなると思います

でも ストレスの原因はもっと他にありますよね

突き詰めると 『人間関係』がほとんどです

そこでも上記の『気質』を活用します!!

次回に続きます・・・

『気質』に関する教室をおこなっています

この記事を書いたプロ

馬込香

精油(アロマ)を使ったメンタルヘルスケアのプロ

馬込香(Aroma drops)

Share
関連するコラム

馬込香プロのコンテンツ