まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ鹿児島
馬込香

精油(アロマ)を使ったメンタルヘルスケアのプロ

馬込香(まごめかおり)

Aroma drops

コラム

アロマテラピーと心の健康【前編】

アロマとメンタルヘルス

2017年11月16日 / 2017年11月17日更新

あなたは元気ですか?

ストレス社会といわれる現代で
毎日を”楽しく元気はつらつ!”に送っている人が
どれくらい身の回りにいますか?
”楽しく元気はつらつ!”に過ごすには
身体だけでなく心も健康でなくちゃ・・・なんです。

心の不調は本人もなかなか気がつかないモノ。

心の疲れはどこに出る?

心の不調のシグナルはいつ・どこに出ているのでしょう?
もちろんシグナルの出かたは人それぞれですが
統計的に特徴があります。

1.眠れない日が増える(睡眠に問題が生じる)
2.怒りっぽくなった
3.気分が晴れない
4.頭痛がする
5.食欲がなくなった
6.生活リズムが乱れてきた
7.動悸・めまいが突然くる

これらは心が疲れている時の初期シグナルです。

心の健康とは?

落ち込んだり、いつまでも同じ事を考えたり・・・
誰にでもあることですよね。
人には気質や性格があるので
神経質になりやすい傾向を持つ人もいらっしゃいます。

では 一時的な不調なのか? 心の病気の状態なのか?
どこで見分けたらよいのでしょう?

目安としては「社会生活が問題なく送れるか?」です。
上記の1~7の項目を含む なんとなく調子が悪いという状態が「うつ状態」
この「うつ状態」が2週間程度続くと「うつ病」と診断されることが多いのです。

今すぐできるメンタルケア

「ちょっと疲れたかなあ・・・」
「ちょっと休みたいなあ・・・」 と思ったら心がSOSを発しています!
すぐにケアしましょう。
うつのシグナル
1.何もしないで休息する
  心のエネルギーが空っぽになりかけているかもしれません
  好きなコトをして心のエネルギータンクを充填しましょう。
2.アロマテラピーでリラックスする
  うつ状態が続くと 自律神経が乱れ 交感神経が優位に働き
  興奮状態が続き上記の1~7のようなシグナルが増えます。
  精油を使って 副交感神経を優位にすることで
  身体の調子が整ってきます。
3.誰かと話す
  何か溜まっている思いがあるなら 誰かに話してみましょう。
  話しているうちに考えがまとまったり 自分なりの気づきがあるかもしれません。
4.カウンセリングを受けてみる
  話す相手によって 更にストレスを感じてしまう場合があるなら
  専門家にアドバイスを求めるのも良い方法です。
  ポジティブコノテーション(肯定的暗示)をうまく使えるカウンセラーに
  出会うことが近道です。

それでも不調が軽減しなかったり 繰り返すようなら 専門医療機関の受診をしましょう。
【後編】では アロマテラピーについて詳しくご説明しています。

この記事を書いたプロ

馬込香

馬込香(まごめかおり)

関連するコラム

馬込香プロのその他のコンテンツ

Share

馬込香プロのその他のコンテンツ