まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ鹿児島
新里亮吾

ISOシステムなどの活用で組織の進化をサポートするプロ

新里亮吾(しんざとりょうご)

株式会社E-ビジネスコンサル

お電話での
お問い合わせ
099-248-7081

コラム

リスクとは?

ISO全般

2014年7月2日

株式会社 E-ビジネスコンサルの新里亮吾(しんざと・りょうご)と申します。
主に、ISO関連のコンサルティング、管理者教育などを行っております。
【コンサルタントの思うこと】や【各種情報】をランダムに記載しております。

*** *** *** *** *** ***

■ リスクとは?

皆さんは、『リスク』という言葉の意味をご存じでしょうか? 日本人の多くは『リスク』という単語を聞いた時に、『悪いことが起きる可能性』を想像すると思います。

しかし・・・。『リスク』という言葉の語源は、『自ら選択する』『勇気を持って挑戦する』です。ということは、良い結果が出ることもあれば悪い結果が出ることもある、と分かっていて“敢えてその道を選ぶ”ということです。

例えば、保守的で堅実な企業Aが、今年度からは革新的・挑戦的なプロジェクトに打って出よう! と決断したとします。企業Aは『リスクを取る』決断をしたことになります。普段は、9:1で穏便な結果が出る方針(ただし利益は薄い)を取っていた企業Aが、2:8で好ましくない結果が出るかも知れないプロジェクト(もし成功すれば大きな利益をもたらす)に挑戦する・・・、このような状況は、ビジネスの世界では日常的に起こっているはずです。

つまり、『リスク』という言葉には、好ましい結果が発生する可能性と好ましくない結果が発生する可能性の両方が含まれていて、その割合が異なるだけなのです。実際は、悪いことが起こる可能性よりもむしろ『良いことが起こる可能性に期待している』ケースのほうが多いのではないでしょうか?(当然、心の中では悪い結果について多少は心配しているとしても) 皆さんも宝くじを買う際には、3000円(購入金額)を失う心配よりも、数億円が手に入る喜びを想像しているはずです。本当は(1:9どころか)何億分の1という、途方もなく分が悪い賭けであるはずなのに! です。笑。

来年ISO 9001規格と14001規格が改定されることは、既に過去2回のコラムで触れています。その改定条文の中には、組織の『リスクと機会』を明確にしなければならない、との記述があります。おそらく、『リスク』と言う言葉からプラスの側面をイメージし辛い人のために、わざわざ『機会(チャンス)』という文言を付け加えたのだと推測しています。

皆さんの会社には、どのようなリスクがあるでしょうか? 社内的なリスク、社外的なリスク、自分達の力で解決できるリスク、自分達の力ではどうにもできないリスク(例えば、アベノミクスの効果、原油の値上がり、円安)などなど、たまには考えてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、最近全国的に増えているリスクは『高齢化リスク』です。国内の企業の平均年齢は39~40才。平均年齢が47才を超えている会社は・・・。10年後の危機を想像して対策を打つべきでしょう。

以上

*** *** *** *** *** ***

今日はここまで。 皆様、今後とも、宜しくお願い申し上げます。

【会社ホームページ】 http://www.e-business-iso.com/

この記事を書いたプロ

新里亮吾

新里亮吾(しんざとりょうご)

新里亮吾プロのその他のコンテンツ

Share

新里亮吾プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
099-248-7081

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新里亮吾

株式会社E-ビジネスコンサル

担当新里亮吾(しんざとりょうご)

地図・アクセス

新里亮吾プロのその他のコンテンツ