まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ鹿児島
時任真幸

アスレティックトレーナーとしてスポーツを支えるプロ

時任真幸(ときとうまさき)

神村学園専修学校

お電話での
お問い合わせ
0996-21-2070

時任真幸プロのコラム一覧:スポーツ外傷・障害の応急処置

【概要】脱臼は関節を構成する骨どうしがはずれて正しい位置にない状態のことです。治療は整復後,固定して安静にすることですが,医師,柔道整復師以外の人が整復をすると症状を悪化させることがあるので絶対にしてはいけません。 脱臼の応急処置で絶対やってはいけないことは整復 ...

【概要】突き指は球技やコンタクト系スポーツに多い手の指のケガです。突き指には打撲から骨折まで幅広い症状があります。その応急処置は出来るだけ早く患部を冷やすことですが,冷やし過ぎないように注意して同時に指が動くかどうかや脱臼していないかどうかの確認もして下さい。...

【概要】肉離れは,スポーツ競技中,止まっている状態から急に走る,ジャンプするといった動きをした時に筋線維が損傷することで起こります。肉離れは筋組織からの出血がみられるため,それを抑えるため患部を冷やすことが応急処置の最優先事項です。 スポーツ時に多い肉離れとは ...

【概要】スポーツ時にケガをして,骨折の疑いや関節損傷があれば,当然病院で適切な診察を受けます。また,医者に見てもらう前に,骨折時の応急処置をしてから診察を受けるようにします。RICE治療を基本として,損傷部位の固定を行います。早めに処置をすれば回復も早く,骨の変形や関節拘...

【概要】RICE処置とは,スポーツ外傷で多い捻挫や打撲などの応急処置方法で,安静(rest),冷却(icing),圧迫(compression),拳上(elevation)の4つの処置をそう呼んでいます。ケガの直後にこの処置をすれば,ケガの悪化を防ぎ治癒を早めることができます。【本文】 間違った方...

時任真幸プロのその他のコンテンツ

Share

時任真幸プロのその他のコンテンツ