まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ鹿児島
時任真幸

アスレティックトレーナーとしてスポーツを支えるプロ

時任真幸(ときとうまさき)

神村学園専修学校

お電話での
お問い合わせ
0996-21-2070

コラム

アスレティックリハビリテーションの関係職種にはどんな職種がある?

【概要】
アスレティックリハビリテーションを行う関係職種は,医療資格者だけではありません。
医療系スタッフと共に,スムーズに競技ができるよう施設や道具を整備するスタッフもいます。
それ以外にも選手が外国人なら通訳が必要になりますし食事を管理する栄養士など,あらゆる職種のエキスパート達がアスレティックリハビリテーションの関係スタッフです。

チーム1


【本文】

アスレティックリハビリテーションを支える多くのスタッフたち


アスレティックリハビリテーションは,選手の競技早期復帰を目指して医師を始めとする専門スタッフ達と連携をとりながら進めていくものです。それぞれの専門性を明確にして役割分担を行い情報を共有しつつリハビリテーションを進行していきます。

リハビリテーションとはいえ,ケガが回復すればよいというだけではありません。
アスレティックリハビリテーションに関係する職種には,医師を始めアスレティックトレーナーや,リハビリテーションの国家資格を持つ理学療法士,あん摩マッサージ指圧師やはり師・灸師の国家資格を持つ人たちなどがいますが,このような医療系スタッフだけでなく,競技のコーチやトレーニング施設の整備をするスタッフ,管理栄養士や,外国人なら通訳もいて,さまざまな分野のエキスパート達がアスレティックリハビリテーションに関わってきます。

アスレティックリハビリテーションを支える医療系スタッフ


医療スタッフ


メディカルスタッフのリーダーである医師は,的確な診断のもとに治療方針を導き,アスレティックリハビリテーションにおけるリスクや運動許容量を明確にする役割を担います。

スポーツ医学に精通した医師は,治療に必要な薬の処方もドーピング検査に引っかからないよう,適切な対応をしていただけます。選手やトレーナーも勉強し,薬の処方については十分勉強しましょう!

また,整形外科的な外傷・障害が多いので,必然的に整形外科医師との関わりが多くなります。医師は共通言語で話をすることができる理学療法士やトレーナーを求めています。医師の要求量に応えられるよう,整形外科や解剖学の勉強は必須となります。
アスレティックリハビリテーションの関係職種の中でも,最も重要な役割を担う医療系スタッフには,ケガの治療をする医師や病院で医師と連携しながら機能回復訓練を行う理学療法士がいます。

理学療法士は国家資格取得者として,関節可動域を拡大し筋力を増強させる運動療法を行います。

リハビリにはウォームアップやクールダウンも含まれています。
マッサージでは手技だけでなく電磁波や低周波を使った医療器具を取り扱いすることもあり,物理療法というこれらの知識も取得しています。

理学療法士以外の医療スタッフには作業療法士や言語聴覚療法士,看護師や管理栄養士,メンタルスタッフ,医療ソーシャルワーカーなどがいます。

病院外でも柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師やはり師・灸師の国家資格を持つスタッフがアスレティックリハビリテーションに深く関わります。特に,中高生は整骨院や鍼灸治療院,マッサージ治療院などで診療してもらうことも多いようです。

これは,私見ですがアスレティックリハビリテーションにおいて一番重要なポイントは確かな診断に基づく治療計画であること。できるだけ多くのスタッフが関わり,統一した治療方針のもと,多くの情報を選手が持っていることだと考えています。そのため,私はまず病院に行き,適切な診断を仰ぐことを勧めています。

アスレティックリハビリテーションを支えるその他の関係職種


医療系スタッフ以外にアスレティックリハビリテーションを支える関係職種は,競技のコーチやサポートスタッフなどです。

一見リハビリに関係ないように見えますが,競技にかかわる全ての人たちが連携をとりながら選手のサポートをすることが,選手の励みとなり競技復帰の近道となることを忘れてはいけません。

例えば選手のパフォーマンスを評価する科学分析スタッフは,リハビリ前の選手の筋力や持久力などのデータをとり,それらをトレーナーに伝え,次の段階のリハビリメニューを一緒に考えます。しかし,このような特殊なスタッフは日本代表,プロスポーツ,実業団,大学などに限られます。

そこで,重要な役割を果たすのはスポーツ指導者です。当たり前と言えば当たり前ですが,指導者は専門的な動きを熟知しています。指導者がけがをした選手を練習に参加する頻度・時間・回数・内容などを決定していく役割を担います。

この時に,アスレティックトレーナーはアスレティックリハビリテーションの立場から,再発や他の外傷発生を防ぐために,医学的情報や専門競技種目におけるリスクが高い局面を理解して,指導者とともに練習および競技復帰に深く関わっていかなければなりません。

また,競技をするために必要な道具を調達しメンテナンスするスタッフたちは,常に選手がベストのコンディションで練習に専念できるよう練習場所の整備や用具などが壊れていないかなどのチェックをします。このようなスタッフもプロスポーツなどにおいては常駐していますが,通常は選手個人が担うことになります。ですから,ここにもアスレティックトレーナーは指導者とともに関与し,リスク回避に努めなければなりません。

この他にトレーニングを担当する強化スタッフやマネジャー,スポンサーに至るまで,役割の違いはあっても,全てのスタッフがアスレティックリハビリテーションを支えるスタッフとなります。

アスレティックトレーナーは様々な関係者と相手の目線で話ができる能力が必要です。そのためには,医学,スポーツ動作,科学的用語などあらゆることに精通する必要があります。

この記事を書いたプロ

時任真幸

時任真幸(ときとうまさき)

時任真幸プロのその他のコンテンツ

Share

時任真幸プロのその他のコンテンツ