まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ鹿児島
時任真幸

アスレティックトレーナーとしてスポーツを支えるプロ

時任真幸(ときとうまさき)

神村学園専修学校

お電話での
お問い合わせ
0996-21-2070

コラム

アスレティックトレーナーと理学療法士の違い

みなさん,こんにちは。
今日は天皇皇后両陛下が与論島にご訪問されましたね。
鹿児島県民としては感慨無量であります。

私が9月に与論島に訪れた時も大変綺麗な海が出迎えてくれました。

与論の海

さて,本日はアスレティックトレーナーと理学療法士についてのお話です。

【概要】
アスレティックトレーナーは公益財団法人日本体育協会の認定資格ですが理学療法士は厚生労働省所管の国家資格が必要な職業です。
そして理学療法士の多くは病院内で仕事をしていますが,アスレティックトレーナーの資格単独で病院に勤務されている方はごくわずかです。
どちらかの資格があれば,両者とも競技スポーツにおけるトレーナーやテーピング・マッサージなどの活動をすることはできますが,勝負の世界は厳しく,常に知識や技術のアップデートが必要です。

【本文】

アスリートを支えるアスレティックトレーナーと理学療法士


スポーツ選手のコンディションを整える役割を担うスタッフには,さまざまな知識や技能が求められています。

選手を陰で支える人たちは,特別な資格は持たなくても,かつて自分達も同じスポーツをしていた経験を活かしてアドバイスをする人や,最初から選手のサポートを目的として知識を学習し,日本体育協会公認アスレティックトレーナーの資格を取得して現場で働く人もいます。
また病院で患者の機能回復訓練を行っていた理学療法士が,医療現場を離れてスポーツ施設やチーム専属となり,ケガの回復途上にある選手のリハビリテーションやケアを直接することも増えてきました。

このように選手の体調管理を行うスタッフは,さまざまな形で勉強をして現場で経験を積みながら,実際の仕事をこなしています。
中でもアスレティックトレーナーや理学療法士と呼ばれる人たちは,スポーツ選手のコンディショニングを担当するスタッフの中でも不可欠な存在となっています。
この2つの役割の違いは何でしょうか。

アスレティックトレーナーは民間認定資格,国家資格は理学療法士


トレーナー治療1スクラブ写真    



仕事内容は似ていますが,アスレティックトレーナーは民間の認定資格であるのに対し,理学療法士は国家資格が必要な仕事です。
そして理学療法士は医療行為としてリハビリテーションを行い,患者はその対価として保険点数で決められた金額を支払います。このように,理学療法士は病院内で働くことができますが,アスレティックトレーナーは医療従事者ではないため,ケアなどの治療行為を病院内で行うことは基本的にできません。アスレティックトレーナーの資格のみで病院に勤務している方もごく少数いらっしゃいますが,保険診療がきかないため活動範囲が大きく制限されている現状があります。そのため,スポーツ現場での活動が多いようです。

理学療法士は,専門学校(3年制または4年制)や短期大学(3年制),大学(4年制)などの養成校で学んだ後,国家試験に合格すれば資格を得ることができます。
http://www.japanpt.or.jp/general/aim/physicaltherapist/

日本体育協会公認アスレティックトレーナーは,スポーツ現場での活動実績を基に,都道府県体育協会、中央競技団体等からの推薦を受け定期的に開催される養成講習会を2年間かけて受講する方法(http://www.japan-sports.or.jp/coach/tabid/218/Default.aspx)と,スポーツ指導者養成講習会免除適応コース承認校である専門学校や大学で,養成講習会と同じカリキュラムを履修する方法(http://www.japan-sports.or.jp/coach/tabid/226/Default.aspx)の2種類があります。いずれの方法も,最終的には同じ共通科目の筆記試験,専門科目の理論試験と実技試験である認定試験に合格し,認定料を支払えば資格保持者として登録されます。

実際の現場では,理学療法士の資格だけでアスレティックトレーナーの仕事をすることもできますし,アスレティックトレーナーの民間資格だけで活躍する人のどちらもいます。
そしてより良い仕事を実践する目的や,キャリアアップにつなげるため,あん摩マッサージ師や鍼灸師,といった現場で役立つそのほかの資格を並行して取得している人もいますし,JATIやNSCAでトレーニング理論を学び,選手へ積極的なトレーニング指導を行う人もいます。→http://mbp-kagoshima.com/atkagoshimatokito/column/3142/


アスレティックトレーナーの仕事の幅を広げる理学療法士資格


アスレティックトレーナーとして働きながらも,理学療法士の資格もあれば,仕事の範囲を広げることができます。
一番のメリットは,ケガをした選手に直接関わり,医師と相談しながら機能回復訓練とその後の競技復帰までのアスレティックリハビリテーションを行えることです。
理学療法士資格があれば,どこの現場であっても緊急時でも選手を病院へ連れて行き一緒に医者からの診断を聞いて,自分ができるリハビリについて医師と直接話をしながら選手のケアをすることができます。

このように選手に対してより深くケアを行うことができれば,信頼関係も築け,選手の早期復帰やパフォーマンスの向上など,よい仕事ができるようになります。

この記事を書いたプロ

時任真幸

時任真幸(ときとうまさき)

時任真幸プロのその他のコンテンツ

Share

時任真幸プロのその他のコンテンツ