まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
谷澤優花

人を敬う心“接遇”を伝えるビジネスマナーのプロ

谷澤優花(たにざわゆうか)

谷澤優花

谷澤優花プロのご紹介

企業ごとのオリジナル授業で、実用的なマナーを習得(2/3)

谷澤優花 たにざわゆうか

相手を思いやる気持ちこそ、すべての始まり

 幅広い世代を対象にした研修や講演を行う谷澤さんが大切にしているのは“人を敬う心=接遇”。幼い頃から実家の日本料理店の手伝いをしていて“おもてなしの心”を学ぶ機会が多かったそう。言葉使いや態度など、しつけに厳しかった父のおかげで今の自分があると話します。

 学生時代にミス高松として観光PRのため、日本各地の市長を表敬訪問していた谷澤さんは、接遇の重要さに気づきました。「表敬訪問の際には、訪問先の県や市の魅力などを事前にリサーチし、訪れることができた喜びを先方の市長に伝える努力をしました。私が香川や高松のこと伝えたいように、訪問先の市長も自分の住んでいる市に対する思いと郷土愛が、お有りになるはず。伺った先で、一方的にこちらの言いたいことだけ伝えて帰るのでは、いけないと感じました」と、当時を振り返ります。これはビジネスでの会話でも同じこと。相手を尊重して話をしっかり聞いた上で自分を語り始めた方が、相手に思いが伝わりやすいことを身を持って知ったそうです。

 卒業後に建設会社の秘書室で働いた後、企画演出会社のプロジェクトマネージャーとして勤務。それと同時にアナウンスアカデミーで学んでいた頃、取引先の社長から講演の依頼を受けたことを皮切りに、経済同友会など各種団体や企業からの講演依頼が口コミで増えていきました。そして結婚、出産・育児を経た後に、坂出市教育委員会の教育委員に保護者の代表として任命されました。4年間の任期中に教育現場で得た、知識や学びの定着のノウハウが、現在の指導方法にも活かされています。

谷澤優花プロのその他のコンテンツ

Share