まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
滝口耕司

遺産相続の問題をあらゆる観点から解決に導くプロ

滝口耕司(たきぐちこうじ)

滝口・上枝法律事務所

お電話での
お問い合わせ
087-821-7801

コラム

婚外子がいる場合の相続

婚外子にも法定相続分がある

あなたに婚外子がいる場合、死後に備えてどのようなことを注意しておかなければならないでしょうか。
いわゆる婚外子とは、法律上の婚姻関係にない(婚姻届出をしていない)男女間に生まれた子のことで、民法上は、「嫡出でない子」(非嫡出子)といわれます。
非嫡出子にも、もちろん相続分があります。かつては非嫡出子の相続分は嫡出子の半分とされていましたが、その民法の規定は、最高裁で法の下の平等を定めた憲法に違反していると判断されました。この判決を受けて、平成25年12月5日、民法が改正され、嫡出でない子の相続分も、嫡出子の相続分と同じとされました(平成25年9月5日以後に開始した相続について適用されます)。
例えば、不貞関係から婚外子が生まれ、養育費を払う等をして、あなたとしては、その後、内妻との関係を終わらせていたとしても、婚外子の相続分がなくなるわけではありません。

婚外子の存在は〝争続〟になり得る

非嫡出子がいること自体、そもそも他の親族に知られていない場合もみられます。しかし、子どもを認知したときには、認知した旨が父親の戸籍に記載されます。そのため、被相続人の出生から死亡に至るまでのすべての戸籍を確認すれば、認知した子の存在が必ず明らかになります。遺産分割協議は、相続人の全員が参加しなければならず、相続人の調査をおこないます。そのため、相続人である非嫡出子の存在は、遺産相続手続きの際に必ず明らかになります。また、非嫡出子と他の親族との間に交流がない、両者の間に感情的なわだかまりや対立があることもあるでしょう。こうしたケースでは、被相続人の死後、スムースに遺産相続が進まないことが大いに予想されます。

心配なら、遺言等でしっかり対策を

被相続人として、身近な親族の誰かに対し、非嫡出子の存在及び所在を知らせておくことや、遺言を作成しておく、ということがより一層重要になってくるといえます。隠し子の存在は明らかになってしまいますが、遺言を作成しておくことにより、残されたご家族が遺産相続を巡るトラブルに巻き込まれるのを避けることができます。
また、生前には認知していなかった子を、遺言により認知することもできます。遺言により認知することで、その子に遺産を相続させることもできます。

この記事を書いたプロ

滝口耕司

滝口耕司(たきぐちこうじ)

滝口耕司プロのその他のコンテンツ

Share

滝口耕司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
087-821-7801

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

滝口耕司

滝口・上枝法律事務所

担当滝口耕司(たきぐちこうじ)

地図・アクセス

滝口耕司プロのその他のコンテンツ