まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
滝口耕司

遺産相続の問題をあらゆる観点から解決に導くプロ

滝口耕司(たきぐちこうじ)

滝口・上枝法律事務所

お電話での
お問い合わせ
087-821-7801

コラム

老後のための遺産財産管理に家族信託

財産は家族に信託する時代に!?

老後、いつまでも自分で財産の管理ができるとは限りません。これを誰かに委ねたいと考える人もいるでしょう。そこで注目されているのが、「家族信託」です。「信託」とは、財産の運用、管理を信頼できる人や専門の機関に任せる仕組みです。家族信託とは、不動産や、預貯金といった金融資産などの管理・処分を、信頼できる家族に託することで、管理や承継の問題を解決するものです。
信託を引き受けるには信託業法上は免許が必要、つまりは信託銀行や信託会社によるものだと思われがちです。しかし、平成19年の信託法の改正により、「利益を得る目的で反復継続」して信託を受託しないのであれば、受託者に信託業の免許は不要となりました。これにより「家族信託」が可能になりました。遺言を書くのは気が引ける、財産は自宅と老後資金のみ、という方に使い勝手のよい仕組みでしょう。

委託者が望む相続も実現できる

財産を委ねる人(通常は親)を委託者、財産を委ねられる人(通常は子ども)を受託者、利益を受ける方を受益者といいます。金融資産については、信託銀行が受託者となる商品も開発されています。家族信託は、財産の管理・処分について、委託者、受託者の間で自由に定めることができます。その契約でもって、最終的な資産の帰属先を決めておけば、遺言と同じような効果をもたらすこともできます。
例えば、金融資産については、生前は、親(委託者)が、自身の生活費や医療費として使用して、自らの死後は、子(受益者)に対して残すという定めをすることもできます。
また、通常の相続では、相続を受ける人全員が同意しないと、資金を引き出すことが出来ず、遺族が葬儀代などを工面するのに苦労するケースがあります。しかし、家族信託では医師の死亡診断書などがあれば、資金を引き出すこともできます。

時に、プロのサポートも必要

このように、家族信託は、家族の実情に応じて、いろいろと応用が効くというメリットがあります。一方で、利用上の注意点もあります。まず信託は財産の運用・管理を専門家らに委託するとなれば、コストがかかります。信託財産から一定の割合で毎年支払う「信託報酬」が代表例です。また、受託者がきちんと管理の義務を果たしているか、その確認を確実に行うことも必要です。管理が適正かを監督する信託監督人を立てることも考えられます。こうした点も考慮した上で、利用を検討する必要があります。

この記事を書いたプロ

滝口耕司

滝口耕司(たきぐちこうじ)

滝口耕司プロのその他のコンテンツ

Share

滝口耕司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
087-821-7801

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

滝口耕司

滝口・上枝法律事務所

担当滝口耕司(たきぐちこうじ)

地図・アクセス

滝口耕司プロのその他のコンテンツ