まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
滝口耕司

遺産相続の問題をあらゆる観点から解決に導くプロ

滝口耕司(たきぐちこうじ)

滝口・上枝法律事務所

お電話での
お問い合わせ
087-821-7801

滝口耕司プロのコラム一覧

相続制度は、今後、どのように変わっていくのでしょうか。時代の流れによって人々の考え方や価値観は変わっていくものですが、相続についての考え方も同様に変わってきます。ですから、相続制度も、いつまでも昔の形のままでいたのでは、人々の考え方とずれてしまい、納得のいかない相続を強い...

 婚外子にも法定相続分がある あなたに婚外子がいる場合、死後に備えてどのようなことを注意しておかなければならないでしょうか。いわゆる婚外子とは、法律上の婚姻関係にない(婚姻届出をしていない)男女間に生まれた子のことで、民法上は、「嫡出でない子」(非嫡出子)といわれます。...

 元気なうちに、将来財産管理をしてくれる人を定める 老後いつまでも、ご自身で財産管理ができるとは限りません。将来、精神上の障害によって、財産管理ができなくなってしまうかもしれませんが、それがいつやってくるかも分かりません。そのような場合に備えて、元気なうちに、何か対策はでき...

 早めに財産管理に備えるなら… 老後のため、どなたか信頼できる方に財産の管理をお願いしたい、元気なうちに将来の備えをしておきたい、とお考えになる方もいらっしゃると思います。そのような場合、広く知られているのが「任意後見契約」を利用することです。ただ、任意後見契約は、精神上の...

 相続人の間で遺言書の効力に疑問が!? 被相続人の死後、遺言があることが分かると、原則、遺言の記載にしたがって誰かが遺産を取得することになり、相続人間で遺産分割協議も行われません。しかし、その効力に疑問をもつ方がいるかもしれません。特に、ご自身に不利な内容の遺言が見つかった...

 公正証書遺言が無効になるのは稀なこと 公正証書遺言は、公証役場で公証人に作成してもらう遺言のことです。最も確実な遺言の方法であると考えられています。しかし、公正証書遺言でも、無効になることがあります。方式をみたしていない遺言(形式的な要件をみたさない遺言)、遺言能力の無い...

 判断能力がない相続人は、有効な相続が難しい 相続が発生したとき、相続人の中に認知症や知的障害、精神障害をもつ人がいる場合があります。相続人に判断能力がない場合、どのような不都合が起きるでしょうか。相続人は、遺産を受け取るだけなので、判断能力は不要かというとそうではありま...

 相続財産管理人が相続財産の清算手続きをする 相続人が一人も居ない場合、遺産はどのように処理されていくのでしょうか。相続人が一人も居ない場合とは、2つ考えられます。1つは、戸籍上、配偶者も子どもも親も兄弟もいないなど文字通り法定相続人が一人もいないとき。そして、相続人の全...

 財産は家族に信託する時代に!? 老後、いつまでも自分で財産の管理ができるとは限りません。これを誰かに委ねたいと考える人もいるでしょう。そこで注目されているのが、「家族信託」です。「信託」とは、財産の運用、管理を信頼できる人や専門の機関に任せる仕組みです。家族信託とは、不動...

 相続人は民法で決められている 相続ができる相続人は、法定相続人として民法で決められています。そして、その相続順位も民法で決められています。相続人となるのは、被相続人の配偶者、子どもです。子どもがいないときは、被相続人の直系尊属(父母、父母がいなければ祖父母)です。もし直系...

 認知症でも遺言は残せる 遺言がどのような意味を持ち、どのような法的効力を発揮するかを理解できる能力のことを「遺言能力」と言います。民法では、遺言能力を次のように示しており、遺言能力が無い状態で書かれた遺言は無効となります。「15歳に達した者は遺言をすることができる」(民法9...

 婚外子相続人は、手続きにおいても同等 いわゆる婚外子の遺産相続の法定相続分が変更されました。これまでは、嫡出子の半分と民法で規定されていましたが、民法が改正され、嫡出子と同等になりました。あなたが、婚外子(非嫡出子)である場合、相続手続きにおいて特別なことをする必要はある...

 非嫡出子の相続に起きていた問題とは? 昨今、相続において婚外子には格差があることが議論になりました。いわゆる婚外子とは、法律上の婚姻関係にない(婚姻届出をしていない)男女間に生まれた子のことをいいます。民法上は、「嫡出でない子」(非嫡出子)といわれます。非嫡出子にも、も...

 簡単に作成できるが、要件を欠いた遺言も多い 自筆証書遺言は、費用がかからない、いつでも書けるといった手軽さから、数多く利用されています。新たに作りなおすことが容易にできることも、浸透している理由でしょう。ただ、方式(民法で定められた要件)を欠く場合や、遺言能力の無い方によ...

 被相続人から多額の援助を受けると、相続分の算定方法が変わる 住宅購入の際、子どもが父母から資金援助を受けることがあります。援助があった相続人となかった相続人で遺産分割が同じ割合では不公平に思えます。実際に、相続の際にトラブルの原因になることもあります。例えば、被相続人に...

滝口耕司プロのその他のコンテンツ

Share

滝口耕司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
087-821-7801

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

滝口耕司

滝口・上枝法律事務所

担当滝口耕司(たきぐちこうじ)

地図・アクセス

滝口耕司プロのその他のコンテンツ