まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
多田慎二

歯科医院の経営に関するノウハウをサポートするプロ

多田慎二(ただしんじ)

デンタルアシスト

コラム

もうすぐ本の発売です

2017年11月1日

私の書いた本がもうすぐ出版されます。
11月10日に発刊予定です。タイトルは、「指導のすべてがわかる本」です。
医療機関や薬局の個別指導に関する解説書です。

個別指導と言っても、いろんな指導がありますね。
おそらく一般の方は、塾の個別指導が思い浮かぶ方が多いと思います。
全くこれとは違うものです。

医療機関や薬局が新規に開業した場合、必ず行政、具体的には地方厚生局の個別指導を受けなければなりません。また、新規でなくても、普通より高い点数が多い医療機関もその対象となります。
これは医療機関や薬局が作成・提出したレセプトを行政が収集して、医療機関等にカルテやいろいろな資料を持参させて、その内容を突き合わされて、不正や不当なものがないか細かく確認されるものです。

皆さんが医療機関に診察に行くと保険で治療を受けられますよね。
この保険というのは、医療費を払ってくれる保険者と医療機関や薬局との公的な契約で、
定められた種々の法令を遵守して請求したら医療費を支払いますという契約になっています。
ですから、この契約がしっかりルールどおりに請求されているかを確認するのが個別指導なんです。
これがちゃんと守られないと、医療費を返金させられることもあり、不正や不当が発覚すると、最悪な場合は保険の取消しとなります。
最長5年間保険で治療が出来なくなります。これは医療機関や薬局にとっては致命傷で、だいたいは潰れます。

こういうことがないように、いろんな対策や適切な保険請求をしなければなりませんが、これが大変でいろんな法律や規則を知らないとだめですし、請求方法も熟知しないといろんなペナルティがあります。しかも、この指導の方法は行政ではほとんど公表していませんので厄介です。
この行政のやり方や対策などをわかりやすく解説したのが本書です。
結構難しい本ですが、医科・歯科・薬局とこれらの事業に関与する会計事務所やコンサルタントの方には是非1冊持っていただきたいと思います。
自分の本の宣伝になってしまいましたが、次回は病院と診療所の違いについて簡単に説明しますね。

この記事を書いたプロ

多田慎二

多田慎二(ただしんじ)

多田慎二プロのその他のコンテンツ

Share

多田慎二プロのその他のコンテンツ