マイベストプロ香川
佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(さとうのぶゆき) / 薬剤師

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

セミナー・イベント情報

NHKカルチャー《漢方健康講座》

艶麗丹 亀鹿仙 婦宝当帰膠

平成10年より継続していますNHKカルチャーの漢方健康講座。
《漢方の知恵で正しい食生活を 「聞いて納得、知って健康」》
毎月の第一土曜日、10時30分~12時まで《JR高松駅三階》で開講、1回毎に完結。
今月は乾燥が気になる季節の養生方についてと秋に負担が大きくなる肺経の養生方です。

テレビや週刊誌では「ぬるだけでシワが改善とか若々しく・・・」と宣伝していますが、外用剤は皮膚の一部までしか浸透しないし時間が経過したら元通り?
皮膚と粘膜は表裏一体。
皮膚粘膜に不快感を感じたら陰陽五行説にしたがった養生方、そして食生活改善が必要です。
私達には「旬の食べ物」が古から今に伝承されています。
盛夏にはスイカにキュウリ、そして盆過ぎる頃からブドウ・ナシ・イチジクが旬となります。
これには漢方的に意味があります。
「医食同源」、旬の食べ物は食養生なのです。

コロナウイルス禍中ですが、ボツボツとインフルエンザも心配となる季節。
ウイルス=邪、ウイルスや細菌の存在を知らなかった漢の時代に完成された医の学問が「漢方」、
先達の人達はウイルスや細菌を知らなくても疫病(感染症)が流行り出すと、自己免疫力=衛気を高める方剤を生み出し、今に伝承してくれています。
この講座では「衛気」を強める生活習慣や食養生の知識も習得できます。

受講については事務局へ、お問い合わせ下さい。
電話087-823-6677
NHKカルチャー高松

Share
その他のセミナー・イベント情報

佐藤宣幸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

担当佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

地図・アクセス

佐藤宣幸のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2022-09-27
facebook
Facebook

佐藤宣幸プロのコンテンツ