マイベストプロ香川
杉本光年

来店が困難な高齢者のため、自宅訪問にも対応する補聴器のプロ

杉本光年(すぎもとみつとし) / メガネ・補聴器の販売、修理

杉本メガネ

コラム

「どのタイプの補聴器がいいの?〜耳あな型補聴器編〜」

2020年9月16日 公開 / 2020年9月22日更新

テーマ:耳あな型補聴器のいいところ・わるいところ

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: 補聴器選び方

朝晩はかなり涼しくなってきましたね。季節の変わり目、体調崩されないようお体大切になさってください。
今回はコロナの関係で大人気になっている「耳あな型補聴器」の特徴についてお話しします。


・「耳あな型補聴器」とは?
  ・・・名前の通り耳の穴に入れるタイプの補聴器で、耳栓のような感じの補聴器です。
     日本でも長らく人気でしたが、ここ10年くらい耳掛け型の人気で使われている数は減ってきています。
     ですが!コロナの関係でマスクが日常になり、マスクの邪魔にならない耳あな型補聴器は今とても人気になってきています。
     どう頑張っても耳掛け型補聴器にはできないいいところがあるので「良い点・悪い点」で説明します。
     
耳あな型補聴器(マスク)


・耳あな型補聴器のいいところ

 
 ◎ メガネやマスク、服を脱ぐときに邪魔にならない。
   ・・・耳に掛けていないのでメガネやマスクの邪魔にならず、服を脱ぐ時に引っかかって落ちたり毎回入れ直す必要がありません。毎日のことなので大切です。

 ◎ 電話の声が聞きやすい。
   ・・・耳の穴に入れるので電話もいつも通りの耳への当て方で使えます。耳掛け型だと耳の上に引っかかっているので受話器を上にずらして当てる必要があり難しいこともあります。(※ただ、スマートフォンをお使いの方は補聴器と無線接続できるのでこの問題はありません)

 ◯ 音の方向感が自然。耳の集音機能をうまく使える。
   ・・・耳の形には意味があって、前方向からの音を耳の形でうまく耳の穴に集めるようになっています。耳の後ろに手を当てると聞こえやすいのはその効果が手の大きさでさらに増すからです。耳穴型補聴器はその効果を理想的な形で使え、前後ろの音の強弱も耳が壁になることで抑えてくれます。

 ◯ 小型のものを選べば、ほぼ耳のあなに埋まってしまい目立たない。 
   ・・・もっとも小型のものになると、耳の穴に入ってしまうので前からも後ろからもほぼ見えません。
      
小型耳穴型補聴器


耳あな型補聴器の悪いところ


 × 電池式しかないので、電池交換の手間がかかる。1、2週に1回くらいの電池交換が必要です。(※今のところ充電式の耳あな型はありません)
   ・・・耳の穴に入れるのでスペースが狭く充電式に必要なバッテリーが大きくて入れにくいのが原因と思われます。新聞に載っているような集音器では一部耳穴型の充電式も見かけますが、耳から飛び出るようなサイズで充電のもちもまだ短いのが現状です。今後に期待ですね!

 × 作る・直すのに時間がかかる(毎度1週間程度)、耳の形を取らないと作れない(一部例外あり)
   ・・・基本的に耳の形を取って作るので耳掛け型ならその場で終わるような部品交換もメーカーに送って1週間ほど待つ必要があります。また耳の形をとる必要があるのでそれが苦手な方もいらっしゃいます。

 × 耳垢が詰まりやすい
  ・・・大型の耳掛け型に比べて耳の穴の奥に入るのでどうしても耳垢が音の出る部分に詰まって聞こえにくくなる可能性があります。なので時々掃除をする必要があります。

 × 耳の穴の形や細さ、耳垢の湿りぐらいによっては作れない
  ・・・極端に耳の穴が曲がっていたり、細くなっていたりすると作れない可能性があります。




以上です。
どうしてもいいところ悪いところそれぞれありますが、例えば悪いところでも「私の場合は特に気にならない」という方もいると思います。生活のスタイルによって評価は違うと思いますのでご自身の生活に照らし合わせてみてくださいね。

この記事を書いたプロ

杉本光年

来店が困難な高齢者のため、自宅訪問にも対応する補聴器のプロ

杉本光年(杉本メガネ)

Share

杉本光年プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0877-86-4454

 

補聴器は機械なのでどういうものかわかりにくい方も多いと思います。
お気軽にお電話くださいね。きちんと説明させて頂きます。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉本光年

杉本メガネ

担当杉本光年(すぎもとみつとし)

地図・アクセス

杉本光年のソーシャルメディア

instagram
Instagram
youtube
YouTube
2020-09-22
facebook
Facebook

杉本光年プロのコンテンツ