マイベストプロ香川
杉本光年

来店が困難な高齢者のため、自宅訪問にも対応する補聴器のプロ

杉本光年(すぎもとみつとし) / メガネ・補聴器の販売、修理

杉本メガネ

コラム

『どのメーカーがいいの?』補聴器メーカーの特徴

2020年9月15日 公開 / 2020年9月30日更新

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: 補聴器選び方補聴器レンタル

ご覧頂きありがとうございます。
「補聴器のメーカーはどこがいいの?」と質問をいただく事が多いので、ご紹介したいと思います。
ただ、全てのメーカーは難しいので私の扱っている4社について説明させて頂きますね。
※内容については私個人の感想です。

・GN Resound社(ジーエヌリサウンド)
 特徴:10万円台の補聴器から「紛失破損保険」がついている、手頃な価格でバランスよく商品が揃っている
 オススメの方:失くしたり壊してしまったりするのが不安な方にお勧めしています。10万円台から保険がついているのは本当にすごいです。
        ※紛失保険というのは、「失くす・壊してしまう」といった自己責任の場合でも期間内は無料で同じ物をもらえるという内容です。

・シバントス社(旧シーメンス)
 特徴:とにかく静かに音を聞きたい人にはお勧めです。ガヤガヤした雑音の中で楽に聴くための機能が充実しています。
 オススメの方:うるささ、騒がしさに敏感な方にはオススメです。また50万円以上の機械になると紛失保険もついています。

・oticon社(オーティコン)
 特徴:前後左右様々な方向からくる音をそれぞれはっきり聞かせるのが特徴です。静かさよりもはっきりしているかどうかに力を入れています。
 オススメの方:外出が多く、音が大きかったとしてもとにかくはっきり聞きたい方。

・widex社(ワイデックス)
 特徴:とにかくしっかり音を大きく聞かせます。ダイナミックな音が好みの方にはいいと思います。
 オススメの方:音量感のあるしっかりした音が好みの方。

どのメーカーもそれぞれ強みがあったりセールやイベントのタイミングがあるので、必ずこれがいいということはありません。
検査などしている中でお客様の音の好みやご要望に合わせて、合うだろうなと思うメーカーさんをご提案する形になります。
静かな音が好みの方はシバントス社、初めての補聴器で耳につけるのが苦手てでなくすのが不安な方はリサウンド社、とにかく言葉の節々をはっきりさせたいならオーティコン社、音楽などが趣味で静かな音よりも音量感ある音の方が好みの方はワイデックス社、のような考え方をします。
少し時間や手間はかかってしまいますが、何社か聴き比べするのもそれぞれ違いがあって面白いですよ。オススメです!

この記事を書いたプロ

杉本光年

来店が困難な高齢者のため、自宅訪問にも対応する補聴器のプロ

杉本光年(杉本メガネ)

Share

杉本光年プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0877-86-4454

 

補聴器は機械なのでどういうものかわかりにくい方も多いと思います。
お気軽にお電話くださいね。きちんと説明させて頂きます。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉本光年

杉本メガネ

担当杉本光年(すぎもとみつとし)

地図・アクセス

杉本光年のソーシャルメディア

instagram
Instagram
youtube
YouTube
2020-09-22
facebook
Facebook

杉本光年プロのコンテンツ