マイベストプロ香川
昌山孝

先進的な機械と巧みな技術で健康な口を取り戻す歯科治療のプロ

昌山孝(まさやまたかし) / 歯科医師

医療法人社団 タカシ歯科クリニック

コラム

歯の神経を取る、根の治療が歯の寿命を大きく縮める!

2021年12月4日

テーマ:虫歯治療

コラムカテゴリ:医療・病院

コラムキーワード: 虫歯 治療虫歯 予防

歯が痛くなって歯医者さんに行くと、
「神経を取る根の治療が必要です。」と
言われることも多いでしょう。

実際の治療は歯医者の先生にお任せするしかないのですが・・・
その治療がどんなものなのかご存じない方が多く、そのリスクを知らないために歯を失っている方が多いのも現状です。



まず、根の治療を行うためには多くの場合、歯を大きく削る必要があります。
神経が無くなった歯は、栄養がいかなくなるので枯れ木のようにもろくなって欠けたり割れたりしやすくなります。
そのため、あらかじめ歯を大きく削って中に土台を作って、かぶせ物をすることが多いです。
患者様の中には、思っていたより歯を大きく削る治療であることに驚かれる方もいらっしゃいます。

また、治療した直後は、神経が無くなるので痛みがあったも痛みが無くなったり、しみたりしなくなるので本人は気になりません。
しかし、神経がある歯とは咬んだ感じが少し違うかな、咬んだら響くような感じがするといった違和感が残る方はいらっしゃいます。

痛みは無くなっても、健康保険適応の根の治療をおこなった歯は、数年後に問題が起きることが非常に多いです。
問題のほとんどはこの2つです。
・ヒビ、欠け、割れ(歯の質が年々もろくなるため)
・根の先に膿ができる(ひび・細菌感染・免疫の低下等により)
この2つは、抜歯の対象になることが多く歯を失う原因となっています。

他院で抜歯の宣告を受けて、ネット等で健康保険適応外の自由診療(自費治療)の根の治療の存在を知り、再治療を求め来院される患者様も非常に多いのですが、いくら精度の高い自由診療の根の治療で再治療をしたとしてもあくまでも再治療!
一旦抜歯を免れてその歯を延命することができるかもしれませんが、1回目の根の際に自由診療での根の治療を選択した場合よりは歯へのダメージは大きく、一生その歯を使える可能性は下がってしまします。

さらに、そもそも神経をなるべく保存する治療法もあります。
詳しくはお問い合わせもしくはご来院のうえご相談ください。

歯の健康を守っていくために最も重要なのは、虫歯が神経に到達するほど大きくならない(痛みが出ない)小さなうちに定期検診で早期発見できるようにメンテナンスすることです。
今から受ける治療がどのようなものなのかを知り、どのような選択肢があり、どういった治療を選択することも大切ですが、他の歯も含めおくち全体の健康を長い目でみて考えることが重要です。

ご自身のおくちの健康を一生涯ともに考えていける歯科医師や歯科衛生士に出逢えると良いですね!

この記事を書いたプロ

昌山孝

先進的な機械と巧みな技術で健康な口を取り戻す歯科治療のプロ

昌山孝(医療法人社団 タカシ歯科クリニック)

Share

昌山孝プロのコンテンツ