マイベストプロ香川
昌山孝

先進的な機械と巧みな技術で健康な口を取り戻す歯科治療のプロ

昌山孝(まさやまたかし) / 歯科医師

医療法人社団 タカシ歯科クリニック

コラム

安い歯磨き粉は危険?より効果的なフッ素とは?

2020年10月18日

コラムカテゴリ:美容・健康

私の過去の記事に、口の中の保険の金属は、アレルギー体質になると述べましたが、その理由は、口の中の粘膜の吸収は、皮膚の約40倍、超音波ブラシを使用すると、420倍吸収するからなのです。狭心症の発作治療薬ニトログリセリンは、20秒で粘膜から吸収して心臓まで達します。粘膜からの吸収は、体の中最大なのです。

 皆さんが日々使用している歯磨き粉この中には、体に害のあるラウリル硫酸ナトリウム(発泡剤)や防腐剤が入っています。これらには発ガン性があると言われています。論文の中には、低濃度であれば体に害はないだろうとされていますが、諸外国では、ほぼ使用禁止です。一度裏の成分表を見てみてください。ものすごい種類です。

 日本で売られている百円〜数百円の物は、かなり危険です。口の中が泡でブクブクになるほどラウリル硫酸ナトリウムが多く含まれます。洗剤には多く含まれますが。粒子の荒い研磨剤もたくさん入っているので、歯が削れて、エナメル質がなくなり、磨けば磨くほど黄色くなります。歯もしみてきます。ドラッグストアーでワゴンの中に入れられている安いものは超危険です。お子様の方が影響を受けやすいので気をつけられた方がいいですね。安かろう悪かろうです。
できれば、歯科医院で売られているものの方がいいですね。買うとすれば、千円前後のものの方が安心ですね。

 ある程度の値段の歯磨き粉にはフッ素が入っています。このフッ素は、歯には、むし歯予防効果があるのですが、やはり粘膜からも吸収するので、厳密に言うと本当にむし歯予防効果を持たせようと思えば、歯科医院で、歯にのみ吸収させるフッ素がいいのですが、現在保険で認められている物は、超高濃度の物を歯に塗って30分うがいをしないでね。また6ヶ月後ね。というものしかなかったのです。ただ、歯面処理をほとんどしていないので、ほとんど歯に吸収しないのです。粘膜からも吸収してしまうので不安ですね。ナチスが、ユダヤ人の脱走を防止するため、飲み水の中にフッ素を入れて、精神を錯乱状態にして脱走を防止したらしいのです。相当量であったのは間違い無いのですが。低濃度であれば、問題ないとされています。また、日本の厚生労働省はフッ素濃度の上限を上げました。

 当院では、現在フッ素入りの歯磨き粉の中にミネラルが入っていて、発泡剤の含有率の少ないよい物(商品名 クリンプロ)を販売していますが、より安全性を重視される方には、一切の添加物が入っていない天然の物も用意しております。また、フッ素をより安全に効果的に利用したい方には、HAP塗布の後フッ素を塗布し、効果的に取り込み、歯を非常に綺麗にもするC-apシステムを取り入れます。耐酸性も上がりますので、酸性食品からも歯を守ります。最新の今までにない物なのでしばらくお待ちください。当院のポリリンホワイトニングやPMTC後のオプションに使用すると最強の効果があるようです。
今後も自分や家族に安心して使用できるシステムや商品は、高くても取り入れます。

この記事を書いたプロ

昌山孝

先進的な機械と巧みな技術で健康な口を取り戻す歯科治療のプロ

昌山孝(医療法人社団 タカシ歯科クリニック)

Share

昌山孝プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0875-24-4618

 

※予約制です

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

昌山孝

医療法人社団 タカシ歯科クリニック

担当昌山孝(まさやまたかし)

地図・アクセス

昌山孝プロのコンテンツ